2014年03月24日

「ツアー・デ・フォース」他/ライヴ盤

バンドやアーティストのアルバムでは、やはりライヴ盤というのが、臨場感もあるし、聴きごたえもあるので、よく聴いた。

下手な歌手とかグループなどは、スタジオ録音ではごまかせても、ライヴでははっきりとボロが出てしまう。しかし、テクニックのある、優れたバンドやアーティストは、ライヴでこそ、スタジオ録音盤とはまた違った、アドリブ性や、凄みのある演奏を聴かせてくれる。

以下は、その中でも、特に私が気に入って聴いていたライヴ盤。
ただし、昔よく聴いていた頃(70年代中後半)限定です。

1 『Jeff Beck with the Jan Hammer Group Live』(ライヴ・ワイアー)

ジェフ・ペックのヤン・ハマーとの競演ライヴ。『Wired』(ワイアード)を聴いて、好きになってしまったジェフ・ペックだったが、このライヴ盤を聴いて、本当にライヴのすごさというのを知った。ジェフ・ペックのギターとヤン・ハマーのキーボードそれぞれの凄さというのもあるけれども、本当は、サッカーで言えば、うまい者同士の華麗なパス交換のような、「掛け合い」の凄さということなんだけどね。
(「Blue Wind」http://www.youtube.com/watch?v=afDyu-73Bjc)

2 『Yes Songs』(イエスソングス)

イエス自体は、それまで、ちょっときれいにまとまり過ぎてる感じがして、あまり好きではなかったのだが、このライヴ盤を聴いて、好きになってしまった。全体としての演奏力もさすがと思ったが、やはりライヴならではの、スティーヴ・ハウのギターソロ、リック・ウェイクマンのキーボードソロが凄かった。特に、普段は控えめだが、ここぞとばかりに弾きまくっている、「Yours is no Disgrace」での、スティーヴ・ハウのギターソロ。(http://www.youtube.com/watch?v=Vd4jeeu90Rk)

3 『Focus at the Rainbow』(ライヴ・アット・ザ・レインボー)

フォーカスは、人から借りたこのライブ盤を初めに聴いて、知ったのだった。ヤン・アッカーマンの弾けるようなギターと、甲高いヨーデルの組み合わせというのもインパクトがあった。また、「Hocus Pocus」のようなハードなロック系の曲と、静かで綺麗ながら聴きごたえのある曲の取り合わせというのにも、強い印象を受けた。
「Hocus Pocus」は前に紹介したので、今度はこちらを。(https://www.youtube.com/watch?v=p9pud4qPxQM )

4 『Al Di Meola Tour De Force 』(ツアー・デ・フォース・ライヴ)

私の中では、これが最高のライヴ盤ということになる。今聴くと、多少「うるさく」も感るが、当時の入れ込みようは、半端ではなかった。これこそ、ライヴを「極めた」ものと言ってもいいぐらいだった。「ライヴ・ワイアー」同様、ヤン・ハマーとの競演ライヴだが、明らかに、ジェフ・ペックのときより、両者のノリと力の入れようは、飛躍的に高まっている。特に、「ELECTRIC RENDESVOUS」がよかった。

残念ながら、 「ツアー・デ・フォース」のときのではなく、音も演奏もいまいちだが、競演の感じは伝わるかも。「ELECTRIC RENDESVOUS」(http://www.youtube.com/watch?v=H4b3HstIc1w)
映像はないが、これもとても好きな曲。「Elegant Gypsy Suite」 (http://www.youtube.com/watch?v=9OUOEEa73bY)
posted by ティエム at 21:01| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月07日

「Jeff Beck SAVOYのギター」の動画

Jeff Beck Savoy』のギター演奏の動画をYOUTUBEにアップしました。




初めてのアップで、多少手間取った。見る人(聴く人)いるんかいな?という感じだが、このブログに興味を持って来てくれている人は、これまでの音楽ファイルの延長のような感じで、聴いてもらえばと思う。

曲は、フリーのオケのあるものから選ぶことにしたので、かなり限られた。ただ、Jeff Beckは割とオケもあるので、もう何曲かアップできると思う。

この曲は、トレモロを多く使うので、いすに座って、足そろえる感じで、弾いている。ちょっと違和感あるかも。なお、前にこの曲をアップしたときの記事。(http://tiem.seesaa.net/article/299979047.html
次は、アル・ディメオラの曲をやりたい。



ラベル:ギター
posted by ティエム at 23:36| Comment(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月14日

あいさつ動画第2段

JamVOXには、動画機能があるのだが、私の場合、Musicと一緒に録ると、どうしても不安定で音が止まってしまう。だから、カパー曲とか動画で撮れそうもない。しかし、これまでずっとJamVOXで録音してきたので、これ以外の方法でギター演奏を録るというのも、ちょっと大変だ。

そこで、ギター演奏の録音はJamVOXでして、映像はデジカメで撮ることにし、後でウィンドウズ・ムービーメーカーで同期させて、動画にするということを試してみた。

演奏は、ドラムに合わせての短く軽い演奏。前の動画に引き続いて、あいさつ動画第2段ということになる。



まあ、これなら何とかいけそうということで、カバー曲を何曲か、YOUTUBEへ投稿できるかと思う。まずは、Jeff Beckの「Savoy」になりそう。

やっちゃってくれてますねぇ。メタル姫  http://www.youtube.com/watch?v=qowO7bFrDq4
ラベル:ギター
posted by ティエム at 23:28| Comment(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月11日

やろうと思っていた曲

アーティストのカバー曲で、やろうと思っていた曲は、これまでにほぼやることができた。が、あと2,3曲やろうと思っていた曲があるにはある。

それは、一つは、アル・ディ・メオラの『Sequencer

アル・ディ・メオラにしては、ポップな感じの聴きやすい曲で、MVまで作っている。(http://www.youtube.com/watch?v=EnYSmQWsMKQ )「似合わねぇ」というのは言いっこなしです(笑)。

私も、かなり気に入っている曲なので、Tab譜はないが、がんばって「耳コピ」して、演奏したいと思っていた。アル・ディ・メオラは、一音一音しっかりフルでピッキングするタイプなので、特別速くないフレーズなら、意外と耳コピしやすい。で、一応、途中までできているのだが、かなりモチベーション落ちたし、できたとしても、一人で楽しむだけになりそう。

次に、ジェフ・ベックの『Cause We've Ended As Lovers』(http://www.youtube.com/watch?v=gggaP8zF5DA

言わずと知れた名曲で、昔好んで弾いていた曲なのだが、ちょっとベタ過ぎて、テレるのもあって、アップはしていなかった。でも、ジェフ・ベックを多くアップしていて、これだけやらないのも何なので、動画で撮れたら、Youtubeにアップしようかなんてことを考えている。あと、ジェフ・ベックでは、『Savoy』もアップするかも。

最後に、これは、まあアイデアとして、デヴァカントの『Sea Dance』(http://www.youtube.com/watch?v=BkftNBPSStI)の「バンスリ」のパートを多少アレンジして、ギターでやろうかなどとも思っていた。デヴァカントのバンスリは、ギターでやっても、なかなかいい感じになるだろうというのが結構ある。が、これも、お流れになりそう。ただ、別に、バッハの名曲を何曲かメドレーで、ギターアレンジでやろうかなどということを考えている。
posted by ティエム at 23:02| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月04日

「トッカータとフーガ」のキーホード演奏

バッハ トッカータとフーガ ニ短調』(一部)のキーホード演奏をアップします。



何も、著作権上の問題によって方向を変えたわけではなく、この曲は前からいずれやりたいと思っていたもの。ただ、あまりできそうな気がしなかったのでやってなかったが、今回この機会にやってみることにした。思ってたよりはできたが、ただし、ほんの一部(一般のピアノ名曲集などに載っている部分)にすぎない。全部は、ちょっとまだできそうにない。

私は、クラシックもたまにだが聴く。いくつかの名曲以外は、バッハが多く、中でも、この曲が好きである。ただ、ダニエル・コルセンバの演奏でないとダメなのですが。


ラベル:キーボード
posted by ティエム at 23:42| Comment(0) | キーボード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月27日

音楽ファイルの削除について

著作権上問題のある音楽ファイルは削除しました。

今後は、オリジナルの楽曲のアップ、Youtube等の動画投稿サイトへの投稿、著作権のある楽曲の利用可能なプログサイトへの投稿などを検討したいと思います。

posted by ティエム at 00:45| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月24日

デヴァカント/ニューエイジ・ミュージック

Devakant(デヴァカント)「Cosmic Dance」のキーボード演奏(バンスリのパート)をアップします


割と早いアップになったのは、これにとりかかってる途中で、「FocusU」をやることにしたため。

私も、ある時期から、このような、ヒーリング・ミュージックとかニューエイジ・ミュージックと言われるシャンルの曲も聞くようになった。が、ただBGMとか流して聴くような曲にはあまり興味がなく、自然、それなりに聴きごたえのあるものにいく。この方面のアーティストを多く知る訳ではないが、私が知った範囲では、このDevakantとKamal(カマール)が代表的だ。

Devakantはキーホードその他の楽曲もあるが、「バンスリ」(「インド竹笛」とも)という楽器の曲が多い。(Youtube http://www.youtube.com/watch?v=OzZIUXdZ_Zw 参照)

実は、前に、アル・ディメオラの『Saffire Soleil』のフルートのパートをキーボードで演奏したとき、音として、「フルート」もあったが、「パンフルート」という音がいいので、それを使った。そのとき、これは「バンスリ」の音に少し似てると思ったのだが、今回、これを利用して、Devakantの曲を弾くことにした。笛独特の、揺らぐような演奏はできないが、音で、それなりにカバーできていると思う。

「Cosmic Dance」という曲は、『Concert・in・Japan」というアルバムに入っている。もちろん、楽譜はないので、耳でコピーしている。
ラベル:キーボード
posted by ティエム at 00:14| Comment(0) | キーボード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月17日

FOCUS 「FOCUSU」のギター

FOCUS(フォーカス)「FocusU」のギター演奏をアップします


この曲は「Sylvia」同様、FOCUSの中でもしっとりした曲で、私も好きな曲。シンプルな中にも多少の展開があって、プログレらしさはこちらの方があるかもしれない。楽譜もあることだし、この曲もやることにした。

こういうゆったりした曲は、演奏はしやすいが、ある意味こういう曲の方が、微妙な弾き方のミスやまずさが目立ってしまって難しいというのはある。

ラベル:ギター
posted by ティエム at 23:16| Comment(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月21日

FOCUS 「SYLVIA」のギター

FOCUS(フォーカス)「Sylvia」のギター演奏をアップします


FOCUSには、しっとりした味わいのある曲も多く、この曲もその一つ。昔、楽譜もなかったので、自分でコピーして弾いていた。今回は、楽譜もオケもあるので、ほぼそれに従って弾いてみた。

最初のカッティングフレーズは、FOCUSのスタジオライブの演奏を参考に入れてみた。(http://www.youtube.com/watch?v=-v7LzOeTkfM)あまりやるとうざくなりそうなので、最初のところに少しだけにした。
ラベル:ギター
posted by ティエム at 00:09| Comment(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月04日

YES・メドレーのギター

YES・メドレーのギター演奏をアップします

YESの曲は長く、繰り返しも多く、ギター演奏のない部分も多いので、部分をとって、3曲のメドレーでやることにした。
曲は、順番に次のとおり。

1 「Yours is no Disgrace」
2 「Heart of the Sunrise」
3 「Roundabout」


これらもそうだが、YESの曲は、いかにもロック調のノリのいいリフと、クラシック調の静かできれいなフレーズ、構成の組み合わせというバターンが多い。オーソドックスなプログレということができる。

スティーブ・ハウの顔…失礼ギターは、微妙だとの評もあるが、私は嫌いでない。聴いた目より、タイミングをとりにくく、弾きにくいフレーズが多いというのもあるんだよね。

YESでよく聴いたのは、やはり「YESsongs」というライブ盤だった。

FOCUSにしようか迷ったが、これはできたら、いずれかの機会に。FOCUSも、初め「 Live at the rainbow」というライブ盤を聴いて、かなり衝撃的だった。(Hocus Pocus http://www.youtube.com/watch?v=bYVrWWO84Us
ラベル:ギター
posted by ティエム at 02:11| Comment(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする