2014年06月13日

日本のワントップは大……?


ワールドカップがついに始まって、開幕戦ブラジルは順調に勝利を挙げた。日本戦が初戦で、地元の期待のプレッシャーをはねのけてボロ勝ちしたコンフェデのような躍動感はなかったが、シュートのうまさで勝ち取ったようなものだった。しかし、日本の審判がとった、1-1からの2点目のPKは、ちょっと厳格過ぎて、クロアチアにかわいそうだった。試合の流れからいっても、流していた方がいい場面だったはずだ。

今日の夜のハイライト番組で、日本の初戦コートジボワール戦のワントップは誰かという話をしていて、解説者はみんな違っていた。が、私は、思わず、「大儀見」だと言っていた(笑)。ほんと、大儀見の方がいいのは間違いないが、やはり、コートジボワール戦は、大久保だろう。というか、大久保でいってほしい。調子いいし、勢いあるし、ザンビア戦でもいけることを証明済みだ。

初戦で勝つか引き分けで、かなり予選突破が見えてくるというのは、皆が言っているとおりで、決してなめているわけではなくて、日本はギリシャとは戦いやすくて、勝つ見込みがかなりある。ところが、コートジボワールやコロンビアにとっては、ギリシャも結構戦いにくい相手のはずなのだ。反対に、コロンビアにはちょっと勝てそうもないのが、日本で、試合巧者で、戦い方のうまい南米は、ペルーやボリビアでもなかなか勝てない。というか、勝てそうな気がしない。

そこで、決勝トーナメント進出の鍵は、やはり初戦勝ちか引き分けということになる。是非とも、そうする必要がある。守備陣とミランでの不調を引きずっている本田はちょっと心配だが、香川はかなり上向きだし、長友は多分ブレークするくらい活躍してくれると思う。

そして、決勝トーナメントのイングランドかイタリア戦、凄い試合を期待したい。

posted by ティエム at 23:16| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月28日

アル・ディ・メオラ『Ritmo De La Noche』の演奏動画

アル・ディ・メオラRitmo De La Noche』のギター演奏動画をYoutubeにアップしました。



アル・ディ・メオラの曲は、やろうとは思っていたが、好きな曲でオケがあるのはこれくらいだったので、この曲になった。

この曲は、『ELECTRIC RENDESVOUS』というアルバムに入っている。アル・ディ・メオラの一つの特徴だが、しっとりしたメインの曲調と途中の速弾きのあるソロとの取り合わせがよくて、気に入っている曲。

ただ、TAB譜は、途中のソロ部分しかなくて、あとは、耳コピでやることになった。まあ、一番難しいところが載っているので、良心的だけれども。一応、こんな感じで、五線譜を六線譜にして、ノートにTAB譜をとったりしています。

DSC001930001.JPG


自分で分かればいいので、汚いし、小節区切りとかは全く適当。あと、途中のキーボードのソロ部分のコードも、適当ですね。

次は、またジェフ・ベックの曲になりそうだが、アレンジバージョンでやってみたい。
ラベル:ギター
posted by ティエム at 00:27| Comment(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月14日

ジェフ・ベックのコンサート

ジェフ・ベックのコンサートに行ってきた。ジェフ・ベックは何度か日本に来ているが、これまで行く機会がなくて、実は、今回が初めてになる。

いやー、「よかった」としか言いようがない。やっぱり、生は違う。今回行けてなかったら、もう行けてなかったかもしれないと思うと、ちょっとゾッとするくらいだ。

この人は、私より16才も年上なのだが、老け込みとか衰えということは、一切関係ない人みたいです。何か、ビデオで見た最近のコンサートよりも、エネルギュッシュでノリがよかった気がする。

来ていたのは、若い人も多かったが、 私と同世代ぐらいの人もかなりいた。ほんで、何と言っても、男が多い。まあ、これも勲章でしょう。

曲では、『Hammerhead』ほか新しいもので、面白いのが何曲かあった(※)のと、『Brush with the Blues』『Led Boots』、『Stratus』などが、特によかった。(Cf.『Hammerhead』https://www.youtube.com/watch?v=it8sD_pGp1A

『Brush with the Blues』では、私もこんくらいやってればよかったと思うくらい、「やってくれ」ちゃってて、しびれさせてもらった。『Hammerhead』は、オケがあれば、ぜひやって、アップしたいと思わせた。

実は、私も、もう大分年だし、今さらユーチューブにアップもないだろうとかも、思っていたのだが、今回ジェフにエネルギーをもらったので、やはり後何曲かアップしようかと思う。

※その一つは、この曲『Egyptian』(https://www.youtube.com/watch?v=auFGuTkKS7E)だったと思う。

posted by ティエム at 21:20| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月24日

「ツアー・デ・フォース」他/ライヴ盤

バンドやアーティストのアルバムでは、やはりライヴ盤というのが、臨場感もあるし、聴きごたえもあるので、よく聴いた。

下手な歌手とかグループなどは、スタジオ録音ではごまかせても、ライヴでははっきりとボロが出てしまう。しかし、テクニックのある、優れたバンドやアーティストは、ライヴでこそ、スタジオ録音盤とはまた違った、アドリブ性や、凄みのある演奏を聴かせてくれる。

以下は、その中でも、特に私が気に入って聴いていたライヴ盤。
ただし、昔よく聴いていた頃(70年代中後半)限定です。

1 『Jeff Beck with the Jan Hammer Group Live』(ライヴ・ワイアー)

ジェフ・ペックのヤン・ハマーとの競演ライヴ。『Wired』(ワイアード)を聴いて、好きになってしまったジェフ・ペックだったが、このライヴ盤を聴いて、本当にライヴのすごさというのを知った。ジェフ・ペックのギターとヤン・ハマーのキーボードそれぞれの凄さというのもあるけれども、本当は、サッカーで言えば、うまい者同士の華麗なパス交換のような、「掛け合い」の凄さということなんだけどね。
(「Blue Wind」http://www.youtube.com/watch?v=afDyu-73Bjc)

2 『Yes Songs』(イエスソングス)

イエス自体は、それまで、ちょっときれいにまとまり過ぎてる感じがして、あまり好きではなかったのだが、このライヴ盤を聴いて、好きになってしまった。全体としての演奏力もさすがと思ったが、やはりライヴならではの、スティーヴ・ハウのギターソロ、リック・ウェイクマンのキーボードソロが凄かった。特に、普段は控えめだが、ここぞとばかりに弾きまくっている、「Yours is no Disgrace」での、スティーヴ・ハウのギターソロ。(http://www.youtube.com/watch?v=Vd4jeeu90Rk)

3 『Focus at the Rainbow』(ライヴ・アット・ザ・レインボー)

フォーカスは、人から借りたこのライブ盤を初めに聴いて、知ったのだった。ヤン・アッカーマンの弾けるようなギターと、甲高いヨーデルの組み合わせというのもインパクトがあった。また、「Hocus Pocus」のようなハードなロック系の曲と、静かで綺麗ながら聴きごたえのある曲の取り合わせというのにも、強い印象を受けた。
「Hocus Pocus」は前に紹介したので、今度はこちらを。(https://www.youtube.com/watch?v=p9pud4qPxQM )

4 『Al Di Meola Tour De Force 』(ツアー・デ・フォース・ライヴ)

私の中では、これが最高のライヴ盤ということになる。今聴くと、多少「うるさく」も感るが、当時の入れ込みようは、半端ではなかった。これこそ、ライヴを「極めた」ものと言ってもいいぐらいだった。「ライヴ・ワイアー」同様、ヤン・ハマーとの競演ライヴだが、明らかに、ジェフ・ペックのときより、両者のノリと力の入れようは、飛躍的に高まっている。特に、「ELECTRIC RENDESVOUS」がよかった。

残念ながら、 「ツアー・デ・フォース」のときのではなく、音も演奏もいまいちだが、競演の感じは伝わるかも。「ELECTRIC RENDESVOUS」(http://www.youtube.com/watch?v=H4b3HstIc1w)
映像はないが、これもとても好きな曲。「Elegant Gypsy Suite」 (http://www.youtube.com/watch?v=9OUOEEa73bY)
posted by ティエム at 21:01| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月07日

「Jeff Beck SAVOYのギター」の動画

Jeff Beck Savoy』のギター演奏の動画をYOUTUBEにアップしました。




初めてのアップで、多少手間取った。見る人(聴く人)いるんかいな?という感じだが、このブログに興味を持って来てくれている人は、これまでの音楽ファイルの延長のような感じで、聴いてもらえばと思う。

曲は、フリーのオケのあるものから選ぶことにしたので、かなり限られた。ただ、Jeff Beckは割とオケもあるので、もう何曲かアップできると思う。

この曲は、トレモロを多く使うので、いすに座って、足そろえる感じで、弾いている。ちょっと違和感あるかも。なお、前にこの曲をアップしたときの記事。(http://tiem.seesaa.net/article/299979047.html
次は、アル・ディメオラの曲をやりたい。



ラベル:ギター
posted by ティエム at 23:36| Comment(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月14日

あいさつ動画第2段

JamVOXには、動画機能があるのだが、私の場合、Musicと一緒に録ると、どうしても不安定で音が止まってしまう。だから、カパー曲とか動画で撮れそうもない。しかし、これまでずっとJamVOXで録音してきたので、これ以外の方法でギター演奏を録るというのも、ちょっと大変だ。

そこで、ギター演奏の録音はJamVOXでして、映像はデジカメで撮ることにし、後でウィンドウズ・ムービーメーカーで同期させて、動画にするということを試してみた。

演奏は、ドラムに合わせての短く軽い演奏。前の動画に引き続いて、あいさつ動画第2段ということになる。



まあ、これなら何とかいけそうということで、カバー曲を何曲か、YOUTUBEへ投稿できるかと思う。まずは、Jeff Beckの「Savoy」になりそう。

やっちゃってくれてますねぇ。メタル姫  http://www.youtube.com/watch?v=qowO7bFrDq4
ラベル:ギター
posted by ティエム at 23:28| Comment(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月11日

やろうと思っていた曲

アーティストのカバー曲で、やろうと思っていた曲は、これまでにほぼやることができた。が、あと2,3曲やろうと思っていた曲があるにはある。

それは、一つは、アル・ディ・メオラの『Sequencer

アル・ディ・メオラにしては、ポップな感じの聴きやすい曲で、MVまで作っている。(http://www.youtube.com/watch?v=EnYSmQWsMKQ )「似合わねぇ」というのは言いっこなしです(笑)。

私も、かなり気に入っている曲なので、Tab譜はないが、がんばって「耳コピ」して、演奏したいと思っていた。アル・ディ・メオラは、一音一音しっかりフルでピッキングするタイプなので、特別速くないフレーズなら、意外と耳コピしやすい。で、一応、途中までできているのだが、かなりモチベーション落ちたし、できたとしても、一人で楽しむだけになりそう。

次に、ジェフ・ベックの『Cause We've Ended As Lovers』(http://www.youtube.com/watch?v=gggaP8zF5DA

言わずと知れた名曲で、昔好んで弾いていた曲なのだが、ちょっとベタ過ぎて、テレるのもあって、アップはしていなかった。でも、ジェフ・ベックを多くアップしていて、これだけやらないのも何なので、動画で撮れたら、Youtubeにアップしようかなんてことを考えている。あと、ジェフ・ベックでは、『Savoy』もアップするかも。

最後に、これは、まあアイデアとして、デヴァカントの『Sea Dance』(http://www.youtube.com/watch?v=BkftNBPSStI)の「バンスリ」のパートを多少アレンジして、ギターでやろうかなどとも思っていた。デヴァカントのバンスリは、ギターでやっても、なかなかいい感じになるだろうというのが結構ある。が、これも、お流れになりそう。ただ、別に、バッハの名曲を何曲かメドレーで、ギターアレンジでやろうかなどということを考えている。
posted by ティエム at 23:02| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月04日

「トッカータとフーガ」のキーホード演奏

バッハ トッカータとフーガ ニ短調』(一部)のキーホード演奏をアップします。



何も、著作権上の問題によって方向を変えたわけではなく、この曲は前からいずれやりたいと思っていたもの。ただ、あまりできそうな気がしなかったのでやってなかったが、今回この機会にやってみることにした。思ってたよりはできたが、ただし、ほんの一部(一般のピアノ名曲集などに載っている部分)にすぎない。全部は、ちょっとまだできそうにない。

私は、クラシックもたまにだが聴く。いくつかの名曲以外は、バッハが多く、中でも、この曲が好きである。ただ、ダニエル・コルセンバの演奏でないとダメなのですが。


ラベル:キーボード
posted by ティエム at 23:42| Comment(0) | キーボード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月27日

音楽ファイルの削除について

著作権上問題のある音楽ファイルは削除しました。

今後は、オリジナルの楽曲のアップ、Youtube等の動画投稿サイトへの投稿、著作権のある楽曲の利用可能なプログサイトへの投稿などを検討したいと思います。

posted by ティエム at 00:45| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月24日

デヴァカント/ニューエイジ・ミュージック

Devakant(デヴァカント)「Cosmic Dance」のキーボード演奏(バンスリのパート)をアップします


割と早いアップになったのは、これにとりかかってる途中で、「FocusU」をやることにしたため。

私も、ある時期から、このような、ヒーリング・ミュージックとかニューエイジ・ミュージックと言われるシャンルの曲も聞くようになった。が、ただBGMとか流して聴くような曲にはあまり興味がなく、自然、それなりに聴きごたえのあるものにいく。この方面のアーティストを多く知る訳ではないが、私が知った範囲では、このDevakantとKamal(カマール)が代表的だ。

Devakantはキーホードその他の楽曲もあるが、「バンスリ」(「インド竹笛」とも)という楽器の曲が多い。(Youtube http://www.youtube.com/watch?v=OzZIUXdZ_Zw 参照)

実は、前に、アル・ディメオラの『Saffire Soleil』のフルートのパートをキーボードで演奏したとき、音として、「フルート」もあったが、「パンフルート」という音がいいので、それを使った。そのとき、これは「バンスリ」の音に少し似てると思ったのだが、今回、これを利用して、Devakantの曲を弾くことにした。笛独特の、揺らぐような演奏はできないが、音で、それなりにカバーできていると思う。

「Cosmic Dance」という曲は、『Concert・in・Japan」というアルバムに入っている。もちろん、楽譜はないので、耳でコピーしている。
ラベル:キーボード
posted by ティエム at 00:14| Comment(0) | キーボード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする