2017年03月04日

死後も活動する音楽家たち

私は、クラシックはたまに聴きますが、それほど好きな訳でも、詳しい訳でもないです。

ただ、最近は、かなりクラシックへの興味が高まって来て、演奏も、できれは、ショパンやリストのピアノ曲が弾きたいなどと思うようになって来た。特に、リストの「ラ・カンパネラ」は、一部でもよいから、弾けたらなあと思う(今のところ、ムリムリ感が勝っているので、その予定はないですが)。

そんな矢先、ローズマリー・ブラウンの『詩的で超常的な調べ』(国書刊行会)という本を読んで、霊媒であるローズマリーが、リスト、ショパン、ベートーヴェン、シューベルトなどの亡き音楽家たちと交流し、新たに作られた曲を授けられ、それを演奏して紹介しているのを知った。(その概要は、たとえば、ここに述べられているのて、参照下さい http://news.livedoor.com/article/detail/9921688/

死後の世界については、私も結構知っている方だが、これらの著名な音楽家たちが、死後も霊界で熱心に音楽活動を続けているというのは、多少とも驚きだ。これだけの達成者にしても、さらなる音楽の追及は、「死んでも止められない」らしい。目的は、「死後の世界の存在を知らしめて、地上世界に希望をもたらすこと」だそうだが、やはり、音楽そのものに対する情熱が元にあってこそのことだろう。自分の新しい曲を、地上の人たちにも聴いて欲しいという、率直な思いもあるに違いない。

特に、リストが、このような活動を主導していて、ローズマリーに多くの曲を授けている。CDも出ていて、視聴してみたが、私には、本当にこれらの作曲家たちの音楽なのかどうかは、とても判断できなかった。また、生前の有名な曲に比べて、特に印象深いとも思えなかった。

これには、訳者が言うように、霊界の音楽は、本来、そのままの形で地上的に表現できるものではないが、あえて地上的な形で表現されているという制約と、ローズマリーの翻訳能力の問題もあるのだろう。それにしても、芸術というのは、やはり、この世的な苦悩と喜びこそが源なのかなあ、ということは考えさせられた。

ただ、その中でも、リストの『グリューベライ(黙想)』という曲には、インパクトもあり、強くひかれた(https://www.youtube.com/watch?v=_sLqPFw1rU4 )。リスト研究家によると、晩年の実験音楽的な曲の延長上にあるもので、確かにリストらしい要素があるという。グレン・グールドも絶賛したらしい。

本の末尾には、自筆の楽譜も載せられているので、できたらこの曲は弾いてみたいと思うし、アップもするかもしれません。
posted by ティエム at 01:47| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

ピッタシのジョギング・シューズ

今回は、靴の話。

私は、足が、(日本人には多いといわれるが)身長の割に縦短、横太で、しかも右、左でかなり違うときているので、これまであまり靴でピッタシの思いをしたことがない。今は、割と幅広で甲高の靴も多く出ているが、昔はあまりなかったし、あっても、あまりピッタシのことがなかったので、基本諦めていて、あまり新しいのを買うこともせず、ある程度合うやつを、履きつぶすまで履くような感じだった。

私は、十年以上前からジョギングをしていたが、そのときも、あまり性能もよくなく、ピッタシでもないシューズを履いてやっていて、道がかなり凸凹なこともあってか、膝を痛めてしまった。

それで、しばらくプランクがあったが、2年ほど前から改めてジョギングを始めた。
ジョギングというより、今回始めたのは、ほとんどがウォーキングで、最後のちょっとの部分だけがジョギングという感じのもの。

で、今回、シューズはそれなりのものをということで、いろいろ迷ったが、ミズノのWAVE UNITUS SW(4E)27pにした。(写真)

00001.JPG


が、これが今までになく、足にピッタシだわ、軽いにも拘わらず、クッション性、安定性もあって、非常に塩梅がいい。特に、ジョギングはとても軽快で、心地よく走れる。

普通、4Eだと26.5pを履くのだが、それでも、こうもピッタシの感じはなかった。ミズノのは、かなり小さめにできているため、4Eの27pが見事にピッタシとはまってくれたようだ。

デザインも気に入っているし、値段も、アマゾンでこの色は安く出ていて、クーポンでさらに割引で買えて、とてもよかった。
posted by ティエム at 22:19| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

またまた「お笑いネタ」

しつこいようですが、またまたお笑いネタを。

タカ&トシで、お題は、「タックスヘイブン」

トシ;「おかげさまで、私たちも、かなり長い間やらせてもらってますけどね。」
タカ;「ええ。私なんかもね、こうみえても、「ダックスヘイブン」にペーパーカンパニーもってますから。」
トシ;「「ダックスヘイブン」て何だよ。」
タカ;「私は、ちょっと、アヒルが苦手でしてね。アヒルを回避できるところなんですよ。いいでしょ。」
トシ;「いや。アヒルなんて、そんじょそこらにいるもんじゃねえだろ。別に、どこだって回避できるだろうが。」「で、そこにペーパーカンバニーもってて、どんなメリットがあるんだよ。」
タカ;「いや。私は、会社作るなら、アヒルのいないところと決めてましたから。」
トシ;「会社っていっても、ペーパーカンバニーだろうが。」
タカ;「ええ。紙を作ってる会社ですよ。」
トシ;「普通に、製紙会社もってるんかい。で、どんな紙作ってるんだよ。」
タカ;「それはもう、トイレットペーパーからトイレットペーパーまで、各種…」
トシ;「トイレットペーパーだけじゃねえか。」
タカ;「(小声で)うちは、トイレットペーパー専門でやらせてもらってますけどね。」
トシ;「で、そんなけったいなところ、他にも誰かいんのか?」
タカ;「「けったい」ってなんですか。いますよ。隣の「ソックスヘイブン」には、石田純一さんがペーパーカンバニーもってます。」
トシ;「「ソックスヘイブン」って…まさか。」
タカ;「そうですよ。靴下を回避できるところですよ。」
トシ;「で、その石田さんの会社は、どんな紙を作ってんだ?」
タカ;「いや。何も作ってないんですよ。」
トシ;「じゃ、ほんとのぺーパーカンパニーなんだな。」
タカ;「いや。(手で会社を型取りながら)紙でできてる会社なんです。」
トシ;「そんな会社、あるわけ…ないだろ。」

posted by ティエム at 21:26| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月26日

お笑いネタ もう一つ

引き続き、「お笑い」ネタをもう一つ披露。

タレントはタカ&トシで、タイトルは「ドロン

(宴会の途中で)

タカ;「部長。では私この辺で、ドローン飛ばさせて頂きます。」
トシ;「何が、ドローンだよ。こんな夜中に飛ばして、どうしようってんだよ。」
タカ;「じゃ、私この辺で、五郎丸させて頂きます(手を上下に組んだ忍者のポーズで)。」
トシ;「五郎丸のポーズは、こうだろうよ。いいから、そんなくだらないことやってないで、さっさと消えろよ。」
タカ;「いや、部長。冗談じゃないんですよ。」
トシ;「冗談じゃないって、冗談にしてるのはお前だろうが。」
タカ;「いや、本当に消えるんですよ。」
トシ;「だから、消えていいって。」
タカ;「見てて下さいね。本当に消えますから。」
(忍者のポーズでしばらくじっとしている)
トシ;「何やってんだよ。適当にタイミング見計らって、スッと消えればいいだけだろうが。」
タカ;「それができたら、こんなことやってませんよ。」
トシ;「なに、お前。本気でやってるのか?」
タカ;「私はね。タイミングとか間合いとか全然分からないから、今までずっと、途中でドロンができなかったんですよ。」
トシ;「確かに、お前はそういうところあるよな。」
タカ;「それで、部長。悩んだあげく、私も、一大奮起して、ついに成し遂げたんですよ。」
トシ;「何をだよ。」
タカ;「伊賀の忍者の生き残りについて、半年間修行して、本当に消えられるようになったんですよ!」
トシ;「バカかお前は。宴会の途中でドロンするためにか?」
タカ;「見てて下さいよ。それっ、忍法ドロン! どうです?消えてますか?」
トシ;「全然消えてないよ。」
タカ;「おかしいな。呪文が違ったかな?」
「テクマクマヤコン、テクマクマヤコン…」
トシ;「ひみつのあっこちゃんじゃねえか、それは!」
タカ;「ジュゲム、ジュゲム…」
トシ;「それは、落語に出てくる長い名前だよ。呪文終わるのに、5分はかかるよ。」
タカ;「(涙声で)実は、部長。聞いて下さいよ。本当に消えられるようになるには、最後の壁を乗り越えなくちゃならないらしいんですよ。で、それには、5年はかかるって言うんですよ。」「私は、周りの人みたいにスマートにドロンがしたい一心で、ここまで修行して来たんですよ。それが、あと5年って何ですか。5年もかかったら、私、間違いなく、その間にリストラされてますよ。そうでしょ?部長!」
トシ;「もう、今すぐクビだよ!帰っていい!」
(ジャンジャン)
posted by ティエム at 21:24| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月07日

お笑いネタ 2つ


なぜか私は、たまに、「お笑い」のネタがふと沸き起こって来たりする。それも、特定のお笑いタレントにやってもらうとよいような、ネタなんだけども。

そういうわけで、今回は、「お笑いネタ 2つ」を披露。

まず、1番目。
タカ&トシで、タイトルは「お勘定

(定食屋で、食べ終わったトシが、店員タカがいるレジに向かう。)

タカ;「ありがとうございます。」
トシ;「いくらですか?」
タカ;「はい、親子丼ですね。お客さん、<ドンブリ勘定>でいいですか?」
トシ;「何がドンブリ勘定だよ。いいわけないだろ。」
タカ;「いや、お客さん、丼物ですから。」
トシ;「丼物でも値段は決まってるだろ。それ言ってくれればいいんだよ。」
タカ;「あっ、じゃお客さん。<ドンペリ勘定>の方にしましょうか?」
トシ;「何だよ、ドンペリ勘定って」
タカ;「めちゃくちゃ酔ったときの、ボッタクリ勘定なんですよ。<ドンビキ勘定>とも言うんですげどね。」
トシ;「ドン引きするわ。それは。」
タカ;「あと、<ドン小西勘定>というのもありますけど…」
トシ;「どっから見ても、怪しいだろう。そんなもん。もう、そんなこと言うんだったら、払わないで行っちゃうからな。急いでんだよ、こっちは。」
タカ;「あーお客さん、<うそつきは泥棒の始まり>ですよ−。」
トシ;「いや、誰もうそなんかついてないだろ。じゃあ、分かった、オレが値段決めるわ。600円おいて行くからな。ドンブリ勘定とか言ってるんだから、それでいいだろ?」
タカ;「あっ、お客さん、おめでとうこざいます。それ、<ドンピシャ勘定>です。」トシ;「なんだよ、それ。」
タカ;「いや、正解なんですよ。いま、キャンペーンやってまして、<ドンピシャ勘定>出した方には、2倍の料金で奉仕してるんです。」
トシ;「払うわけないだろ!(頭をこずく)」


では、2番目

タレントは鉄拳で、「こんなメタル姫は、…イヤだ。」

ただし、私と同世代限定。
絵はないので、各自想像して下さい。

1 「ベイシティローラーズを弾いている。」

2 「コスがランナウェイズだ。」

3 「ニーハイの上、もも毛がモジャモジャだ。」

4 「ニーハイが、ニイハオと言ってる。」

5 「となりの<ひよこ>が成長して、にわとりになってる。」


posted by ティエム at 20:16| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月21日

あと1,2曲

JamVOXは、動いたり動かなかったりの不安定な状態だが、一応使えそうな限り、ギター演奏をあと1.2曲はアップしようかと思う。もっと前にこうなっていたら、迷わすそうしただろうが、いまさらオーディオ・インターフェースを購入して、新しくソフトの使い方を覚えてまでやろうとは思わない。JamVOXが使えなくなったら、そこでで打ち切りになる予定。

まあ、「おもちゃ」のようなギターも、JamVOXも、よくここまで働いて、もちこたえてくれたと思う。どこかチープな感じは免れないが、それなりの音色は聴かせてくれていたと思う。

曲は、前に、ジェフ・ペックの『Cause We've Ended As Lovers』(哀しみの恋人達)をやろうと思っているという話をしたが、こういうしっとり聴かせる系のベタな曲は、1曲にしたいので、アル・ディメオラの曲とどちらにしようか迷っている。

どちらをやりたいのか、自分の中のリトル・じゅんいちダビッドソンに聞いてみたのですが…小さ過ぎて、何も聞こえませんでした(笑)。

まあ、こちらはアップしたときのお楽しみということに。

「伸びしろ」はまだまだあるということで、(弦の)「弧」を高め、全体のハーモニーを高めて、(安定した)ピッチで、存分にプレイを表現できればと思います。〜って、なんの話や。

posted by ティエム at 01:12| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月04日

アラン・ホールズワース他

前に、記事で触れたギタリストや、グループで、Youtubeに動画があったら、紹介しようと思ったが、うまく探せなくて、紹介していなっかたものがいくつかある。
今回は、それらを紹介しておこうと思う。

まず、ギタリスト、アラン・ホールズワース。プログレに関する記事で、イエスのスティーヴ・ハウやフォーカスのヤン・アッカーマンとともに、ゴングのギタリストとして触れた。

単独のギタリストとしての活動が多く、ジャズ風の演奏が多い(たとえば https://www.youtube.com/watch?v=igzchfVp90g )が、ゴングでは、ロック風のかなりノリのいい、独特の展開のある演奏を披露している。特に、『Gazeuse』というアルバムを、私はよく聴いた。その中の好きな曲の一つ、『Night Illusion』(https://www.youtube.com/watch?v=3T1b_0pHKlM )。

次に、ニューエイジミュージックのグループ、カマール。 バンズリの奏者、デヴァカントとともに好きなアーティストとして触れた。シンプルで聴きやすい曲が多いが、他のものにはなかなかない、深みがある。最も好きなのは、『Oregon Hills』という曲(https://www.youtube.com/watch?v=58Bb8Rrsy20)。ちょっと、いかにもかも風だが、こういう曲ある。(https://www.youtube.com/watch?v=mi-ICTkGoWA)。

記事で触れていなかったが、あと、ワールドミュージックと現代音楽を融合させた曲を作っている、ディープ・フォレストというグループも好きで、一時はまった。アフリカの精霊を呼ぶ声なども、取り入れられている(https://www.youtube.com/watch?v=SUUOFnV4sI0)。私は、ボヘミアンを取れ入れた、『Bohemian Ballet』という曲が好きである(https://www.youtube.com/watch?v=wPqpFUQA9qk)。

posted by ティエム at 06:37| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月25日

初戦がすべて

日本のワールドカップは、言ったとおりになってしまった。つまり、初戦コートジボワール戦で、コロンビア戦のように、「勝つしかない」という、思い切った攻撃的な戦いができなかったのが、敗因のすべてだ。
(もちろん、「大儀見」がいなかったのも大きな理由。)

一番強くてうまいところに、「勝つしかない」戦い挑んでも、まだまだ力不足であることが明るみに出てしまった。やるなら、初戦でやるしかなかったし、初戦なら思惑どおりに勝てて、あるいは悪くても引き分けで終わってて、勢いで続くギリシャ戦も勝ててた可能性があったと思う。

初戦だから慎重に戦ったと言うなら、「南米(ブラジル)かっ!」ってつっこんでやっていい。

コロンビアも、決勝トーナメント進出決めてても、(メンバーは大部変わったが)全然緩まなかったのは、やはり凄いというしかない。前日の番組で、その日本戦に、仕事辞めてまで応援に行くというサポーターの話をとりあげていて、これはヤバいと思ったが、やはりヤバかった。サッカーにかける思いが、違うということなんだね。そんなサポーターを前に、緩むことなどできないだろう。(かつて、ミスして殺されたディフェンダーもいたし。)

しかし、私も、D組からイタリアとイングランドが出てくることを、当然のことのように述べていたのは、とんでもない誤りだった。ヨーロッパでやってれば、かなり違ったのだろうが、南米、中南米の底力はおそろしいほどだ。(前に南米選手権に参加したときもそう思ったし、前回のコンフェデカップでもそう思った。)

posted by ティエム at 18:32| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月13日

日本のワントップは大……?


ワールドカップがついに始まって、開幕戦ブラジルは順調に勝利を挙げた。日本戦が初戦で、地元の期待のプレッシャーをはねのけてボロ勝ちしたコンフェデのような躍動感はなかったが、シュートのうまさで勝ち取ったようなものだった。しかし、日本の審判がとった、1-1からの2点目のPKは、ちょっと厳格過ぎて、クロアチアにかわいそうだった。試合の流れからいっても、流していた方がいい場面だったはずだ。

今日の夜のハイライト番組で、日本の初戦コートジボワール戦のワントップは誰かという話をしていて、解説者はみんな違っていた。が、私は、思わず、「大儀見」だと言っていた(笑)。ほんと、大儀見の方がいいのは間違いないが、やはり、コートジボワール戦は、大久保だろう。というか、大久保でいってほしい。調子いいし、勢いあるし、ザンビア戦でもいけることを証明済みだ。

初戦で勝つか引き分けで、かなり予選突破が見えてくるというのは、皆が言っているとおりで、決してなめているわけではなくて、日本はギリシャとは戦いやすくて、勝つ見込みがかなりある。ところが、コートジボワールやコロンビアにとっては、ギリシャも結構戦いにくい相手のはずなのだ。反対に、コロンビアにはちょっと勝てそうもないのが、日本で、試合巧者で、戦い方のうまい南米は、ペルーやボリビアでもなかなか勝てない。というか、勝てそうな気がしない。

そこで、決勝トーナメント進出の鍵は、やはり初戦勝ちか引き分けということになる。是非とも、そうする必要がある。守備陣とミランでの不調を引きずっている本田はちょっと心配だが、香川はかなり上向きだし、長友は多分ブレークするくらい活躍してくれると思う。

そして、決勝トーナメントのイングランドかイタリア戦、凄い試合を期待したい。

posted by ティエム at 23:16| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月14日

ジェフ・ベックのコンサート

ジェフ・ベックのコンサートに行ってきた。ジェフ・ベックは何度か日本に来ているが、これまで行く機会がなくて、実は、今回が初めてになる。

いやー、「よかった」としか言いようがない。やっぱり、生は違う。今回行けてなかったら、もう行けてなかったかもしれないと思うと、ちょっとゾッとするくらいだ。

この人は、私より16才も年上なのだが、老け込みとか衰えということは、一切関係ない人みたいです。何か、ビデオで見た最近のコンサートよりも、エネルギュッシュでノリがよかった気がする。

来ていたのは、若い人も多かったが、 私と同世代ぐらいの人もかなりいた。ほんで、何と言っても、男が多い。まあ、これも勲章でしょう。

曲では、『Hammerhead』ほか新しいもので、面白いのが何曲かあった(※)のと、『Brush with the Blues』『Led Boots』、『Stratus』などが、特によかった。(Cf.『Hammerhead』https://www.youtube.com/watch?v=it8sD_pGp1A

『Brush with the Blues』では、私もこんくらいやってればよかったと思うくらい、「やってくれ」ちゃってて、しびれさせてもらった。『Hammerhead』は、オケがあれば、ぜひやって、アップしたいと思わせた。

実は、私も、もう大分年だし、今さらユーチューブにアップもないだろうとかも、思っていたのだが、今回ジェフにエネルギーをもらったので、やはり後何曲かアップしようかと思う。

※その一つは、この曲『Egyptian』(https://www.youtube.com/watch?v=auFGuTkKS7E)だったと思う。

posted by ティエム at 21:20| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする