2013年09月17日

FOCUS 「FOCUSU」のギター

FOCUS(フォーカス)「FocusU」のギター演奏をアップします


この曲は「Sylvia」同様、FOCUSの中でもしっとりした曲で、私も好きな曲。シンプルな中にも多少の展開があって、プログレらしさはこちらの方があるかもしれない。楽譜もあることだし、この曲もやることにした。

こういうゆったりした曲は、演奏はしやすいが、ある意味こういう曲の方が、微妙な弾き方のミスやまずさが目立ってしまって難しいというのはある。



ラベル:ギター
posted by ティエム at 23:16| Comment(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月21日

FOCUS 「SYLVIA」のギター

FOCUS(フォーカス)「Sylvia」のギター演奏をアップします


FOCUSには、しっとりした味わいのある曲も多く、この曲もその一つ。昔、楽譜もなかったので、自分でコピーして弾いていた。今回は、楽譜もオケもあるので、ほぼそれに従って弾いてみた。

最初のカッティングフレーズは、FOCUSのスタジオライブの演奏を参考に入れてみた。(http://www.youtube.com/watch?v=-v7LzOeTkfM)あまりやるとうざくなりそうなので、最初のところに少しだけにした。
ラベル:ギター
posted by ティエム at 00:09| Comment(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月04日

YES・メドレーのギター

YES・メドレーのギター演奏をアップします

YESの曲は長く、繰り返しも多く、ギター演奏のない部分も多いので、部分をとって、3曲のメドレーでやることにした。
曲は、順番に次のとおり。

1 「Yours is no Disgrace」
2 「Heart of the Sunrise」
3 「Roundabout」


これらもそうだが、YESの曲は、いかにもロック調のノリのいいリフと、クラシック調の静かできれいなフレーズ、構成の組み合わせというバターンが多い。オーソドックスなプログレということができる。

スティーブ・ハウの顔…失礼ギターは、微妙だとの評もあるが、私は嫌いでない。聴いた目より、タイミングをとりにくく、弾きにくいフレーズが多いというのもあるんだよね。

YESでよく聴いたのは、やはり「YESsongs」というライブ盤だった。

FOCUSにしようか迷ったが、これはできたら、いずれかの機会に。FOCUSも、初め「 Live at the rainbow」というライブ盤を聴いて、かなり衝撃的だった。(Hocus Pocus http://www.youtube.com/watch?v=bYVrWWO84Us
ラベル:ギター
posted by ティエム at 02:11| Comment(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月11日

「Brush with the Blues」アレンジバージョン

Jeff Beckの「Brush with the Blues」アレンジバージョンの演奏をアップします


前に、一度アトリブでやったものをアップしたことがあったが、改めて聴いてみると、かなり酷かったので、今回は、ある程度全体の構成をイメージしたうえで、アドリブを加えるようにした。といっても、結局、初めのメインフレーズのほかは、やはりほぼこの演奏時のアドリブである。何度か試したから、前よりはある程度よくなったという感じである。

まあ、慣れないことへのチャレンジで、普段からもっとフレーズを練っていなければ、なかなかいいものはできないことが分かった。とりあえず今回は、こんなところである。

ブルースなので、ペンタトニックが基本だが、あまりとらわれないで自由に弾いている。ベック風ということも、ある程度は意識した。

原曲は、『Who Else!』というアルバムに入っている。やはり、ライブの収録なので、アドリブが多いのだと思う。とてもスリリングな演奏が聴ける。
http://www.youtube.com/watch?v=t4xlNXYCQKM

ラベル:ギター
posted by ティエム at 00:55| Comment(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月18日

あいさつ程度の動画

JamVOXには、動画録画機能が追加されたが、私のパソコンのスペックの問題か、相性の悪さのためか、録っていると大抵フリーズしてしまう。
それで、使わないでいたが、短い時間ならまず問題なく撮れるみたいなので、このたび「あいさつ程度」の短い動画を録ってたみた。



バージョンアップによって、機能が安定することもあるようなので、もし安定したら、また何か録画で録ることもあるかもしれない。

ギターの曲の方だが、次は、Jeff Beckの『Brusf with the Blues』をアレンジバージョンでやろうと思っている。
ラベル:ギター
posted by ティエム at 01:24| Comment(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月13日

演奏上の「雑音」対策

スギちゃん風にいうと、

私も、アップしたたいていの曲で、「ここでかー」という「聞かせどころ」で、結構「雑音」出ちゃってるんだぜえ。ワイルドだろう?

…て、まあ、ほかのところがうまくいっているので、そのままアップしているが、実は自分でも結構気にはなっている。

「Mr.Crowley」とか、「Star Cycle」などが典型的だ。

といっても、私も、一応の「雑音対策」はしているつもりである。

ただ、もともと、昔から、大音量でやることがめったになく、家でちまちま小音量でやっていたので、あまり雑音を気にすることはなかった。だから、その対策も、あまり身についているとはいえない。

一応やっているのは、左手で、弾く弦の付近くらいは、軽く押さえられるときは押さえていること(ほとんど無意識だが)。あと、雑音が予想されるところ(チョーキングや、速いリフなどで前の音を消さないと音がかぶるときなど)では、右手のどこかしらで、弾く弦の付近または弾いた弦を軽く押さえて音を消す、ということぐらいだ。

プロなどでは、右手をガッチガッチに固めて、弾く弦以外の弦を常に触れて、予め雑音をシャットアウトして弾く人もいるようだ。しかし、私は、こんな弾き方では、とても普通にビッキングができない。

ただ、確かに、こうでもしないと、予期しない雑音には対処できないというのはあるようだ。大体、予期しない雑音は、失敗または思うとおりに弾けなくて、動揺したとき、「ここ」というところで、つい力が入ったときなどに出ている。思うとおり弾けなくて動揺するのも、「ここ」というところであることが多いから、結局、「ここでかー」というところで、出てしまうことになるわけだ。

まあ、私は、いまさら、これ以上の対策もできないので、今後もこういうことになり易いのは、仕方のないことと思っている。録り直せば、そこはクリアできるかもしれないが、どこかしらで、何かしらのミスは出てしまうものだし。

あと、失敗または思うとおりに弾けなくて、動揺したときに出る癖として、「はしょる」というのもある。これは、「CanonRock」や「Highway Star」で、かなりはっきりと出でしまっている。雑音と同様、耳障りといえば耳障りだ。これも、昔、メトロノームとか使って、正確なテンポで弾く練習してなかったのも、影響しているだろう。これらのことは、早めに身につけるには越したことのないものだ。

何しろ、演奏っていうのは、結構、心理状態がそのまま出てしまうものでもある。また、もう一つ面白い現象として、聴くときも、その心理状態によって、演奏が全然違うものに聴こえて来るということもある。これは、音楽の「微妙さ」であり、まただからこそ、「感情移入」して楽しめるものともなるのだろう。

今、あまりギター自体弾けていないが、あと何曲か弾きたい曲があるので、超スローペースでも、アップしたいと思っている。


ラベル:ギター
posted by ティエム at 15:41| Comment(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月02日

Jeff Beck 『Savoy』のギター

しばらくギターお休みしてましたが、久しぶりに、Jeff Beck Savoy』のギター演奏をアップします


この「Savoy」は、『Guitar Shop』というアルバムに入っている曲で、私も好きな曲。だが、Tab譜は見つからなかったので、できないと思っていたところ、たまたまAmazonで、洋書の『In Session with Jeff Beck』というTab譜の載った本(写真)を見つけ、その中に、「Savoy」も入っていたので、購入して、やってみた。

DSC00129 (1).JPG


これには、「Starcycle」とか「Led Boots」も入っている。カラオケ用の音源までついていて、2000円弱だった。

三弦同時に1/2チョーキングするパターンが、ちょっと苦手で、あまりきれいにできなかつたのが残念。全体としても、Jeff Beckの曲の中では、かなり演奏しにくい、難しい部類に入るのではないか。

次回は、アレンジものにも挑戦してみたい。
ラベル:ギター
posted by ティエム at 01:06| Comment(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月21日

『Star Cycle』ギター&キーホード

Jeff Beck(ジェフ・ペック)の『Star Cycle』のギター&キーホードの演奏をアップします


『Star Cycle』は、「There And Back」というアルバムに入っている曲で、『Blue Wind』同様、ヤン・ハマーとのバトルのある、ノリのよい楽しい曲。「There And Back」には、他にもいい曲がいくつか入っていて、「Wiwed」にも引けを取らない。

ギター&キーホードの演奏をするときは、元の曲のギターとキーボードの両方を「JamVOX」のGXT機能で消して、カラオケを作っていることが多い。しかし、ギターとキーホードの両方を消すとなると、他の楽器やヴォーカルもどうしても消してしまい、カラオケとしてちょっと残念なことにもなる。

前回の『Right Now』では、ヴォーカルがかなり消えてしまっていた。これは、初めの録音のとき、ピアノの方を強調しようとしたこともあって、余計際立ってしまった。

また、「JamVOX」は、ウィンドウズと相性がよくないらしく、音によっては、ブツブツという雑音がどうしてもしてしまうが、これもギター&キーホードで二度録りすると余計膨らんでしまう。

ただ、これらは、消し方をうまくしたり、アンプやエフェクターのつまみや録音の仕方でいくらか調整はできるようなので、今後徐々に修正できればと思う。
ラベル:ギター
posted by ティエム at 22:53| Comment(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

「Right Now」ギター&キーボード

Van Halen(ヴァン・ヘイレン)『Right Now』のギター&キーボード(ピアノ)の演奏をアップします。()

Van Halenは、『Jamp』という大ヒット曲もあったし、メタルの代表格として、もちろん知ってはいた。ギタリストは、「ライトハンド奏法」を広く知らしめた者としても有名だ。しかし、私は、昔持っていた、「メタル」のイメージと重なっていて、ほとんど興味もなかったし、あまりいいイメージもなかった。

が、これも、メタル姫の影響で、何曲か演奏を聴いてみると、なかなかいい曲があることを知った。

この『Right Now』は、ギターというよりも、ピアノがいいので、やってみたくなった。いかにも、ピアノらしい、古典的な(?)フレーズで、左手も伴う。今までは、キーボードは、右手だけでやっていたので、初めはかなり苦労した。

キーボードを初めに録音して、それにギターをかぶせているのだが、あまりギターが乗れるような演奏にはなってなかったのが、ちょっと残念。

6月20日
ギターがピアノを消しちゃう感じ、音、演奏ともよくなかったので、ギターを録り直し、ファイルを入れ替えました。まあ、少しはましになっていると思います。

ラベル:ギター
posted by ティエム at 22:00| Comment(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

アル・ディメオラ 『Deep and Madly』

アル・ディメオラの『Flesh on Flesh』からもう1曲、『Deep and Madly』のギター演奏をアップします


短いけども、しっとりとした印象的な曲。
Tabを探したが、見つからないので、「耳コピ」でやった。
一部、確かでないところもあるかも。

今回、アル・ディメオラの曲を、久しぶりに弾いたり、いろいろ聴いたりして、改めてディメオラの「凄さ」を再認識できた。
ラベル:ギター
posted by ティエム at 23:25| Comment(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。