2019年11月23日

アル・ディ・メオラ メドレーのギター演奏動画

アル・ディ・メオラ メドレーのギター演奏動画をYoutubeにアップしました。



出だし部分の4曲メドレーで、曲は次のとおりです。

1 Race with Devil on Spanish Highway
2 Casino
3 Sequencer
4 Deep and Madly

1の「Race with Devil on Spanish Highway」は。前にも触れたとおり、ロック色が強く、速弾きの多い、アル・ディ・メオラの代表曲です。多分、最も有名な曲かもしれません。

出だし部分だけですが、ちょっとしたチャレンジのつもりで、やることにしました。でも、全部だとやはり難しいと思いますが、この部分だけなら、思っていたほどではなかったです。

2の「Casino」は、割とマイナーですが、私の好きな曲で、初めにアル・ディ・メオラを聴いたときに、強くインパクトを受けた曲でもあります。演奏上は。難しいものであることは予想していなかったですが、むしろこっちの方が手間取りました。アップしたものも、全体として、あまり満足のいくものにはなっていません。ミュート(スタッカート)のかかった、速く、弦の移動の多いフレーズの連続であることが影響しています。音の選び方も、ちょっと失敗しているかもしれません。

3の「Sequencer」については、この記事で触れています。

4の「Deep and Madly」は、新たに演奏していますが、前に一度アップしたことがあります。そのときの記事は、こちらになります。

演奏は、休み、休みだったので、かなり長い期間かかってしまいました。が、一応予定どおり、アップすることができてよかったです。ギターの演奏曲のアップは、多分これで最後になると思います。

あと、クラシックのキーボード演奏を、一曲したいと思っています。

Youtubeで動画演奏をアップしたギター演奏は、意図していませんでしたが、奇しくも、私の最も影響を受けた3大ギタリストというべきものになりました。これも、前に触れていたと思いますが、次の3人です。

1 リッチー・ブラックモア
2 ジェフ・ベック
3 アル・ディ・メオラ

リッチー・ブラックモアは、そもそも、「エレキを弾きたい」と思わせた人ですし、ジェフ・ベックとアル・ディ・メオラは、かなり本格的にのめり込むことになった人たちです。その他にも、好きなギタリストはいますが、「3大」ということになると、やはりこの3人になります。

思い切り、「世代」が現れてしまっていますけどね(笑)。
posted by ティエム at 13:19| Comment(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。