2018年06月30日

「攻めの放棄」はあり得ない


サッカー日本代表、予選リーグ突破はもちろん嬉しいに決まっている。しかし、ポーランド戦の後、セネガルの負けを知っても、ほとんど喜びは湧き上がらなかった。もちろん、ポーランド戦の最後、自ら0-1の負けを選びとった、消極的な戦い方の影響である。

海外評では、「つまらない試合」「最悪の試合」とか、「ダーティ」「アンフェア」などと評するものもあったが、それは第三者的な、勝手な言い分だろう。一次リーグが総当たり戦で、勝ち点と得失点差等で決まることになっている以上、こういうこと自体はいくらもあることだ。

私は、別に、最後にあからさまにパス回しをしたこと自体については、悪くは思わない。問題は、そのような戦術をとる場面じゃなかったろうということだ。

セネガルが同点に追いつく可能性は十分にあったし、そうしたら改めて攻めに転じるつもりだったのだろうが、時間帯的に、もはや手遅れになるのは目にみえている状況だった。コロンビアがそのまま勝ち切ってくれることへの、完全な「他力本願」であり、自力を放棄した、あまりに消極的な「賭け」でしかない。

実際、私は、見ていて「見苦しい」とかではなくて(随分ぎこちなかったし、ポーランドが取りに来ないことで、余計その感が浮き上がってしまったのはあるが)、セネガルが同点に追いついたらどうするんだと、気が気ではなかった。

結果的には、運もあり、結果オーライに終わった。しかし、やはり、あの場合であの手はないと今も思う。もちろん、あえて積極的に点をとりにいく必要はないが、「無理はしないで(カウンターには十分注意しつつ)、隙あれば点もとりに行く」でよかったのではないか。ポーランドも、もはや守りを固める状況にあったし、点とりにいく姿勢は見せていなかったし。とにかく、一点とれば、相手関係なく、自力で突破が決められる状況なのだ。

たとえば、フリーキック狙いで、ファールを貰いに行ったり、コーナーキックを取りに行くなどの攻めは、十分できたばすだし、そのチャンスを生かして、あわよくば一点とれたかもしれない。

そうして、自力で突破が決まる状況になったなら、あのようなパス回し戦術も、誰はばかることなく、堂々としていいのではないか。何しろ、全く別の試合に下駄を預けた、「攻めの放棄」はあり得なかったと思うのだ。

まあ、しかし、そのような手が使えたのも、そこまでに勝ち点4をとっていたからこそというのはある。前回のワールドカップでは、「初戦がすべて」(http://tiem.seesaa.net/article/400276431.html)だったと言ったが、今回は、見事にその初戦にコロンビアに勝って、いい意味で「初戦がすべて」であったことを証明してくれた。

また、前回は、「日本のワントップは大……?」(http://tiem.seesaa.net/article/399390422.html)と、頼れるストライカーがいないことを嘆いたが、今回は、ワントップは「大迫」が、(まだまだ「半端」はあると思うが)しっかり勤めてくれる位置にいる。

いろんな意味で、経験を重ね、強くなっているのは確かだと思う。次のベルギー戦では、もちろんベストメンバーでいくだろうし、そこで、勝つかいい試合をすれば、今回の後味の悪い思いは、払拭できるだろう。


posted by ティエム at 14:47| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。