2015年11月26日

お笑いネタ もう一つ

引き続き、「お笑い」ネタをもう一つ披露。

タレントはタカ&トシで、タイトルは「ドロン

(宴会の途中で)

タカ;「部長。では私この辺で、ドローン飛ばさせて頂きます。」
トシ;「何が、ドローンだよ。こんな夜中に飛ばして、どうしようってんだよ。」
タカ;「じゃ、私この辺で、五郎丸させて頂きます(手を上下に組んだ忍者のポーズで)。」
トシ;「五郎丸のポーズは、こうだろうよ。いいから、そんなくだらないことやってないで、さっさと消えろよ。」
タカ;「いや、部長。冗談じゃないんですよ。」
トシ;「冗談じゃないって、冗談にしてるのはお前だろうが。」
タカ;「いや、本当に消えるんですよ。」
トシ;「だから、消えていいって。」
タカ;「見てて下さいね。本当に消えますから。」
(忍者のポーズでしばらくじっとしている)
トシ;「何やってんだよ。適当にタイミング見計らって、スッと消えればいいだけだろうが。」
タカ;「それができたら、こんなことやってませんよ。」
トシ;「なに、お前。本気でやってるのか?」
タカ;「私はね。タイミングとか間合いとか全然分からないから、今までずっと、途中でドロンができなかったんですよ。」
トシ;「確かに、お前はそういうところあるよな。」
タカ;「それで、部長。悩んだあげく、私も、一大奮起して、ついに成し遂げたんですよ。」
トシ;「何をだよ。」
タカ;「伊賀の忍者の生き残りについて、半年間修行して、本当に消えられるようになったんですよ!」
トシ;「バカかお前は。宴会の途中でドロンするためにか?」
タカ;「見てて下さいよ。それっ、忍法ドロン! どうです?消えてますか?」
トシ;「全然消えてないよ。」
タカ;「おかしいな。呪文が違ったかな?」
「テクマクマヤコン、テクマクマヤコン…」
トシ;「ひみつのあっこちゃんじゃねえか、それは!」
タカ;「ジュゲム、ジュゲム…」
トシ;「それは、落語に出てくる長い名前だよ。呪文終わるのに、5分はかかるよ。」
タカ;「(涙声で)実は、部長。聞いて下さいよ。本当に消えられるようになるには、最後の壁を乗り越えなくちゃならないらしいんですよ。で、それには、5年はかかるって言うんですよ。」「私は、周りの人みたいにスマートにドロンがしたい一心で、ここまで修行して来たんですよ。それが、あと5年って何ですか。5年もかかったら、私、間違いなく、その間にリストラされてますよ。そうでしょ?部長!」
トシ;「もう、今すぐクビだよ!帰っていい!」
(ジャンジャン)
posted by ティエム at 21:24| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。