2014年06月25日

初戦がすべて

日本のワールドカップは、言ったとおりになってしまった。つまり、初戦コートジボワール戦で、コロンビア戦のように、「勝つしかない」という、思い切った攻撃的な戦いができなかったのが、敗因のすべてだ。
(もちろん、「大儀見」がいなかったのも大きな理由。)

一番強くてうまいところに、「勝つしかない」戦い挑んでも、まだまだ力不足であることが明るみに出てしまった。やるなら、初戦でやるしかなかったし、初戦なら思惑どおりに勝てて、あるいは悪くても引き分けで終わってて、勢いで続くギリシャ戦も勝ててた可能性があったと思う。

初戦だから慎重に戦ったと言うなら、「南米(ブラジル)かっ!」ってつっこんでやっていい。

コロンビアも、決勝トーナメント進出決めてても、(メンバーは大部変わったが)全然緩まなかったのは、やはり凄いというしかない。前日の番組で、その日本戦に、仕事辞めてまで応援に行くというサポーターの話をとりあげていて、これはヤバいと思ったが、やはりヤバかった。サッカーにかける思いが、違うということなんだね。そんなサポーターを前に、緩むことなどできないだろう。(かつて、ミスして殺されたディフェンダーもいたし。)

しかし、私も、D組からイタリアとイングランドが出てくることを、当然のことのように述べていたのは、とんでもない誤りだった。ヨーロッパでやってれば、かなり違ったのだろうが、南米、中南米の底力はおそろしいほどだ。(前に南米選手権に参加したときもそう思ったし、前回のコンフェデカップでもそう思った。)

posted by ティエム at 18:32| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。