2014年06月13日

日本のワントップは大……?


ワールドカップがついに始まって、開幕戦ブラジルは順調に勝利を挙げた。日本戦が初戦で、地元の期待のプレッシャーをはねのけてボロ勝ちしたコンフェデのような躍動感はなかったが、シュートのうまさで勝ち取ったようなものだった。しかし、日本の審判がとった、1-1からの2点目のPKは、ちょっと厳格過ぎて、クロアチアにかわいそうだった。試合の流れからいっても、流していた方がいい場面だったはずだ。

今日の夜のハイライト番組で、日本の初戦コートジボワール戦のワントップは誰かという話をしていて、解説者はみんな違っていた。が、私は、思わず、「大儀見」だと言っていた(笑)。ほんと、大儀見の方がいいのは間違いないが、やはり、コートジボワール戦は、大久保だろう。というか、大久保でいってほしい。調子いいし、勢いあるし、ザンビア戦でもいけることを証明済みだ。

初戦で勝つか引き分けで、かなり予選突破が見えてくるというのは、皆が言っているとおりで、決してなめているわけではなくて、日本はギリシャとは戦いやすくて、勝つ見込みがかなりある。ところが、コートジボワールやコロンビアにとっては、ギリシャも結構戦いにくい相手のはずなのだ。反対に、コロンビアにはちょっと勝てそうもないのが、日本で、試合巧者で、戦い方のうまい南米は、ペルーやボリビアでもなかなか勝てない。というか、勝てそうな気がしない。

そこで、決勝トーナメント進出の鍵は、やはり初戦勝ちか引き分けということになる。是非とも、そうする必要がある。守備陣とミランでの不調を引きずっている本田はちょっと心配だが、香川はかなり上向きだし、長友は多分ブレークするくらい活躍してくれると思う。

そして、決勝トーナメントのイングランドかイタリア戦、凄い試合を期待したい。

posted by ティエム at 23:16| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。