2012年04月19日

アル・ディメオラ 「Dark Eye Tango」

Al Di Meola(アル・ディメオラ) 「Dark Eye Tango」のギター演奏をアッブします


アル・ディメオラは、私が昔、最も衝撃を受けたギタリストで、一番好きなギタリストでもある。

「速弾き」の技術ももちろんだが、ラテン風の独特の曲調、フレーズなど全てが、衝撃的で、ストレートに「ツボ」に来た。

「Dark Eye Tango」は、初めに聴いたアルバム『Casino』の中の一曲で、私も好きな曲だが、こういうスローテンポの叙情的な曲もあれば、ロック調の激しい曲もある。また、エレキの曲もあれば、アコースティックの曲もある。それぞれに味がある。

さらに、次に聴いたアルバム『Elegant Zipsy』では、ヤン・ハマーとの強力なバトルが聴け、Jeff Beckのとき以上の、大きな衝撃を受けた。

ところが、その後、フュージョン自体廃れて来たことも影響してか、ある時期から、ディメオラは、迷走してしまう。ジャズ風の全くつまらないアルバムしか出せなくなる。が、割と最近になって、やはりラテン風の曲に帰り、これまでやってきことの総決算のような、しかし、より成熟した曲をやり始めて、復活した。(例 Azzurra  http://www.youtube.com/watch?v=05EPmaQmrHA&feature=related

ギターも、アコギにデストーションのかかったエレキ風の音も出る仕掛けをして、一曲の中で、アコースティックとエレキの音を使い分けるということをしている。ディメオラの多彩な面が、一曲に集中して表現できる、よいアイデアと思う。

私も、最近聴くのは、この最近のものの方である。


※Al Di Meola - Dark Eye Tangoは、ライブもいいので、ぜひ。
http://www.youtube.com/watch?v=pD2CR1I4IuY

ラベル:ギター
posted by ティエム at 23:36| Comment(1) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アル・ディ・メオラを紹介して頂きありがとうございます。

9月のニューアルバムリリースを控え、日本語公式フェイスブックページがオープンしました。https://www.facebook.com/AlDiMeolaMusicJP

アルバム情報も含め随時更新していきますので、ぜひご覧下さい。
Posted by Al Di Meola 日本広報 at 2013年08月11日 11:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。