2014年06月25日

初戦がすべて

日本のワールドカップは、言ったとおりになってしまった。つまり、初戦コートジボワール戦で、コロンビア戦のように、「勝つしかない」という、思い切った攻撃的な戦いができなかったのが、敗因のすべてだ。
(もちろん、「大儀見」がいなかったのも大きな理由。)

一番強くてうまいところに、「勝つしかない」戦い挑んでも、まだまだ力不足であることが明るみに出てしまった。やるなら、初戦でやるしかなかったし、初戦なら思惑どおりに勝てて、あるいは悪くても引き分けで終わってて、勢いで続くギリシャ戦も勝ててた可能性があったと思う。

初戦だから慎重に戦ったと言うなら、「南米(ブラジル)かっ!」ってつっこんでやっていい。

コロンビアも、決勝トーナメント進出決めてても、(メンバーは大部変わったが)全然緩まなかったのは、やはり凄いというしかない。前日の番組で、その日本戦に、仕事辞めてまで応援に行くというサポーターの話をとりあげていて、これはヤバいと思ったが、やはりヤバかった。サッカーにかける思いが、違うということなんだね。そんなサポーターを前に、緩むことなどできないだろう。(かつて、ミスして殺されたディフェンダーもいたし。)

しかし、私も、D組からイタリアとイングランドが出てくることを、当然のことのように述べていたのは、とんでもない誤りだった。ヨーロッパでやってれば、かなり違ったのだろうが、南米、中南米の底力はおそろしいほどだ。(前に南米選手権に参加したときもそう思ったし、前回のコンフェデカップでもそう思った。)

posted by ティエム at 18:32| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月13日

日本のワントップは大……?


ワールドカップがついに始まって、開幕戦ブラジルは順調に勝利を挙げた。日本戦が初戦で、地元の期待のプレッシャーをはねのけてボロ勝ちしたコンフェデのような躍動感はなかったが、シュートのうまさで勝ち取ったようなものだった。しかし、日本の審判がとった、1-1からの2点目のPKは、ちょっと厳格過ぎて、クロアチアにかわいそうだった。試合の流れからいっても、流していた方がいい場面だったはずだ。

今日の夜のハイライト番組で、日本の初戦コートジボワール戦のワントップは誰かという話をしていて、解説者はみんな違っていた。が、私は、思わず、「大儀見」だと言っていた(笑)。ほんと、大儀見の方がいいのは間違いないが、やはり、コートジボワール戦は、大久保だろう。というか、大久保でいってほしい。調子いいし、勢いあるし、ザンビア戦でもいけることを証明済みだ。

初戦で勝つか引き分けで、かなり予選突破が見えてくるというのは、皆が言っているとおりで、決してなめているわけではなくて、日本はギリシャとは戦いやすくて、勝つ見込みがかなりある。ところが、コートジボワールやコロンビアにとっては、ギリシャも結構戦いにくい相手のはずなのだ。反対に、コロンビアにはちょっと勝てそうもないのが、日本で、試合巧者で、戦い方のうまい南米は、ペルーやボリビアでもなかなか勝てない。というか、勝てそうな気がしない。

そこで、決勝トーナメント進出の鍵は、やはり初戦勝ちか引き分けということになる。是非とも、そうする必要がある。守備陣とミランでの不調を引きずっている本田はちょっと心配だが、香川はかなり上向きだし、長友は多分ブレークするくらい活躍してくれると思う。

そして、決勝トーナメントのイングランドかイタリア戦、凄い試合を期待したい。

posted by ティエム at 23:16| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする