2020年07月06日

「人間椅子」

昔、『いか天』という素人のバンドの勝ち抜き番組があって、生きのいい個性的なバンドが多く、面白くて、よく見ていた。「たま」同様、「人間椅子」というのも、そこから出て来たバンドだ。

当時、そのインパクトから、よく覚えていたが、「人間椅子」は、いいおじさんになった現在も、活発に活動しているのですね。最近知って、ちょっと驚きがあった。

今も昔の路線を貫きつつ、より洗練されたものになっている。

ユーチューブにある楽曲で言うと、たとえば、これなど。
無情のスキャット』( https://www.youtube.com/watch?v=CbI79e5iZKs

まさに、おじさんの哀愁漂う、しかし、重厚でヘヴィな「シャバダバダ」(笑)。

昔、『いか天』に出ていた頃は、こんな感じだった。( https://www.youtube.com/watch?v=EIKKNtGT9sE

ベースの鈴木氏の顔も、より説得力?が増して来ましたね。

私的には、こんな曲も、いい。
虚無の声』 ( https://www.youtube.com/watch?v=tYs_-BWwMkI

詩も面白く、「色即是空」等の般若心経の言葉が、よく効いている。

「虚無」または「空」で、「世界は幻」なのに、なぜ「終わる」のか、疑問に思う人もいるかもしれない。しかし、「虚無」または「空」を知るときというのは、我々が世界だと思っている世界は、まさに「終わる」のですね。

話は違いますが、「人間椅子」と言えば、私は、小学6年のとき、少年用に出ていた、江戸川乱歩の名探偵明智小五郎と少年探偵団のシリーズが好きで、よく読んでいた。が、中学に入って、初めて、大人向けの推理小説、『屋根裏の散歩者』とか『人間椅子』などの、かなり猟奇的な作品も読んでみて、そのギャップに驚いたことがある。知ってはいけない世界を覗いてしまったような…。

まあ、「怪人二十面相」というところに、そのような要素は、含まれていたといえば、言えますが。

posted by ティエム at 23:34| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月20日

リフティング10回動画

2カ月前ほどから、運動のウォーキング&ジョギングに、サッカーのリフティングを取り入れることにした。ウォーキング&ジョギングだけでは飽きやすいのと、こんなビデオを見たのがきっかけである。

「初心者がすぐに10回できる6段階のリフティングトレーニング」
(https://www.youtube.com/watch?v=09iwZKgdGgc)

私は、今はサッカーが好きだが、子どもの頃から、クラブなどで本格的にサッカーをやったことがない。子どもの頃は、野球が好きだったから、野球かソフトばっかりやっていた。ただ、サッカーでも、小学校のとき、ディフェンダーとして学校の代表に選ばれたため、一定期間練習をしたことはある。うまくはなかったが、キック力だけには自信があった。

その後も、遊びか体育の授業でやるくらいだったし、割と最近も、甥相手に結構サッカーをして遊んだが、基本ただの蹴り合いである。初めは、甥にもうまいと思われていたようだが、甥は中学に入るとサッカー部に入り、あっという間に、私など抜かしてしまった。今は、結婚して子供もできたので、サッカーをすることもなくなった。

私は、実は、リフティングは邪道というか、あまりサッカーの実質に関係ない、うまい必要などないと思っていて、ほとんどやったことがないし、やろうとも思わなかった。たまにやっても、うまくいって7、8回、基本どこに行くか分からないという状態だった。だから、まったくの初心者と言っていい。ただ、この度ビデオを見て、運動にもなることだし、10回くらいはできないとと思い、やってみることにした。

ビデオでは、1週間くらいでできるようになると言っていたが、毎日何時間くらいやったらの話なのか、私は、週に1回か2回、1回30分くらいというペースだったが、まあ、何とかできるというようになったのは、1カ月ちょっとかかっている。今は、左足は安定しないので、なかなか大変だが、右足なら何回かやれば、10回はできる、というぐらいにはなっている。

この度、動画を撮ったので、それをアップします。

まず、右足だけ10回。



次に、右足と左足で10回。


どちらも危なっかしい(笑)ですが、今後は、もっと安定して、余裕をもってできるようになりたいですね。

10回を安定してできるようになることを最優先していたので、連続回数だと20回ほどです。今後は、回数も増やしていこうと思います。

やってみて思うのは、リフティングは、やはりボール扱いの基本であり、重要だったということ。リフティングの上達によって、トラップや微妙なボールタッチにおいても、全然違ってくると思う。

ビデオでも言っていたように、初めは、回数ではなく、ボールを真上に上げられるようになることに集中する。ビデオどおりにやっていたわけではないけど、真上に上げられるようにならないと話にならないことに気づいて、一回一回蹴っては手に取ることは、ウォーミングアップとして必ずやるようにしていた。

あと、注意すべきは、意外と足のつま先の方にボールを当てるし、意識もつま先の方に持って行くようにするということ。初めは、足の甲全体に乗せるような意識になってしまうが、それではボールは弾みすぎるし、コントロールもききにくい。(※)

まあ、初心者の人、あるいは、私と同じぐらいの年の人は、運動不足解消のためにも、ぜひトライしてみてください(恥ずかしいなどと思わないで)。

また、回数が増えたり、何か技を入れるなど、変化がついたら、リフティングの動画をアップするかもしれません。

※ リフティングで足にボールを当てる場所について、この記事はよく分かり易く書かれています。(https://juniorsoccer.info/balllift-dekiruyouninaru/ )

足の甲でリフティングするインステップリフティングは、やはり基本として、それなりにマスターする必要があるようです。私も、初めそれでやっていましたが、コントロールしにくいので、よりコントロールし易い、つま先寄りになっていました。それはそれで、いいようですが、今後インステップはインステッブで身につけたいと思います。
posted by ティエム at 23:38| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月09日

ベートーベン 『月光』第1楽章のキーボード演奏

ベートーベン ピアノソナタ 『月光』 第1楽章のキーボード演奏曲をアップします。



この曲は、とても印象に残る曲で、いずれ弾きたいとは思っていましたが、短調なだけでなく、単調かな(笑)というのもあって、今まで弾いてなかったものです。

ただ、今回、何度か聴いたり、自分で弾いているうちに、一つ一つのフレーズが、実は、とても奥行きの深いものであることに気づきましたかされました。

演奏は、比較的簡単かなと思っていましたが、これも実際は、右手で、三連符のアルペジオを弾きつつ、小指で旋律をとるというパターンが多く、意外と大変でした。(たとえば、下の写真の部分)

DSC00848.JPG


また、三連符のリズムとか間の取り方など、結構乱れてしまうというのも難しいところです。

途中多少ミスもあるのですが、まあこんなところということで、アップします。

クラシックは、もう一曲弾きたいものがあるので、できたらまたアップしたいと思います。
posted by ティエム at 02:12| Comment(0) | キーボード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月03日

お笑いネタ 「さくらを見る会」

毎度しつこいようですが、時事に関わること?でもあるし、またまたお笑いネタを。

タカ&トシで、お題は、「さくらを見る会

トシ;「お前、昨日どこ行ってたんだよ。ずっと、いなかっただろう。」
タカ;「私、「さくらを見る会」に呼ばれてましてね。行ってたんですよ。」
トシ;「また、怪しい会持ち出したなあ。何だ? 「さくらを見る会」って。」
タカ;「もちろん、「色づいたさくらを囲んで愛でる会」てすよ。」
トシ;「今頃色づく桜って、あれか。「四季桜」か?」
タカ;「いや。「四季桜」ではないんですよ。なんせ、年がら年中色づいてますから。」
トシ;「どんな桜だよ。」
タカ;「「桜田さくら」ですよ。上から読んでも「さくらださくら」、下から読んでも「さくらださくら」。まごうかたなき「さくら」じゃないですか。」
トシ;「まごうかたなき、じゃねえわ。それ、AV女優じゃねえのか? 誰が主催してんだよ、そんな会。」
タカ;「ダチョウの上島ですよ。本人は、招待したのは認めてますけど、とりまとめたのは自分じゃない、って言ってますけどね。」
トシ;「首相答弁かっ。」
タカ;「でも、大丈夫ですよ。ちゃんと、会費5千円とってやってますから。国民の皆様の税金ではやってないですからね。」
トシ;「当たり前だろうが! 誰が、国民の税金でAV鑑賞会だよ。」
タカ;「AV、AVって言いますけどね。AVはあくまで、コミュニケーションを図るツールですから。コミュニケーションを図るのがメインなんですよ。」
トシ;「誰とコミュニケーション図ろうってんだよ。」
タカ;「上から読んでも「桜田さくら」、下から読んでも「桜田さくら」ですよ。」
トシ;「いや、何で、本人、生で呼んじゃってんだよ。会費5千円じゃ、効かねえだろうが。」
タカ;「だから、国民の皆様の税金には……。」
トシ;「それは、もういいわ。大体、「上から読んでも、下から読んでも」っていうのも、違ってるだろう。」
タカ;「(大げさに手をたたいて)あっ、そうでしたね。下から読んだら、「ラクダだラクダ」でした。これは、「ラクダを見る会」に変えないとですね。ハハハ。」
トシ;「何が、「ラクダを見る会」だよ。それも違ってるわ。」
タカ;「(客席の方に向かって)でも、私、今は「リスザルを見る会」に呼ばれて参加してますからね。」
トシ;「誰が、「リスザルを見る会」で披露されてるリスザルだよ。誰が、会費5千円でご招待だよ。」
タカ;「いや、上から見てもリスザル、下から見てもリスザル。「まごうかたなき」リスザルですよ。」
トシ;「もうええわ。」

(ちゃんと、タカ&トシがやってるところ、想像しながら読んでくださいね。じゃないと、おもしろくないと思うので…)
posted by ティエム at 21:54| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月23日

アル・ディ・メオラ メドレーのギター演奏動画

アル・ディ・メオラ メドレーのギター演奏動画をYoutubeにアップしました。



出だし部分の4曲メドレーで、曲は次のとおりです。

1 Race with Devil on Spanish Highway
2 Casino
3 Sequencer
4 Deep and Madly

1の「Race with Devil on Spanish Highway」は。前にも触れたとおり、ロック色が強く、速弾きの多い、アル・ディ・メオラの代表曲です。多分、最も有名な曲かもしれません。

出だし部分だけですが、ちょっとしたチャレンジのつもりで、やることにしました。でも、全部だとやはり難しいと思いますが、この部分だけなら、思っていたほどではなかったです。

2の「Casino」は、割とマイナーですが、私の好きな曲で、初めにアル・ディ・メオラを聴いたときに、強くインパクトを受けた曲でもあります。演奏上は。難しいものであることは予想していなかったですが、むしろこっちの方が手間取りました。アップしたものも、全体として、あまり満足のいくものにはなっていません。ミュート(スタッカート)のかかった、速く、弦の移動の多いフレーズの連続であることが影響しています。音の選び方も、ちょっと失敗しているかもしれません。

3の「Sequencer」については、この記事で触れています。

4の「Deep and Madly」は、新たに演奏していますが、前に一度アップしたことがあります。そのときの記事は、こちらになります。

演奏は、休み、休みだったので、かなり長い期間かかってしまいました。が、一応予定どおり、アップすることができてよかったです。ギターの演奏曲のアップは、多分これで最後になると思います。

あと、クラシックのキーボード演奏を、一曲したいと思っています。

Youtubeで動画演奏をアップしたギター演奏は、意図していませんでしたが、奇しくも、私の最も影響を受けた3大ギタリストというべきものになりました。これも、前に触れていたと思いますが、次の3人です。

1 リッチー・ブラックモア
2 ジェフ・ベック
3 アル・ディ・メオラ

リッチー・ブラックモアは、そもそも、「エレキを弾きたい」と思わせた人ですし、ジェフ・ベックとアル・ディ・メオラは、かなり本格的にのめり込むことになった人たちです。その他にも、好きなギタリストはいますが、「3大」ということになると、やはりこの3人になります。

思い切り、「世代」が現れてしまっていますけどね(笑)。
posted by ティエム at 13:19| Comment(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

ラグビーとサッカー

今回のラグビー ワールドカップ、日本代表の試合は、本当に目を見張るものがあった。前回も、かなりの検討をしたけど、今回は、自国開催とはいえ、それ以上に確実に進歩して、明らかに強くなっていたのが凄い。

そもそも、私はラグビーにはほとんど興味がなかったのだが、今回ばかりはそれも大きく変えさせられた。見ていて、本当に面白いし、凄いスポーツだと改めて思った。

なんぞのスポーツでは、ちょっとユニホームを引っ張られただけで、おおげさにアピールしたり、ちょっと足が触れただけで、大げさに転んで、痛がってみせる。しかし、ラグビーでは、そんなの当たり前で、何でもない。それどころか、ときには、プロレスまがいの技まで飛び出す。それでも、何言うでもなく、何事もなかったかのように、次のプレーに移っていく。

なんか、なんぞのスポーツが、とても「女々しい」ものに感じられてきてしまう。(あえてフォローすれば、足が飛ぶ分、本当に酷いときは、酷いことになるので、怖いのは事実なのだが)

代表にしてもそうで、ラグビーでは、強豪相手でも、本当に正面から堂々とした戦いぶりで、文句なしに勝ち進んで行った。全員一丸となっている感じが非常に伝わった。「半端ではない」とは、こういうことを言うはずだ。

ところが、なんぞのスポーツでは、他力本願の、見栄えもしない球回しで、何とか切り抜けて、ベスト16に行ったはいいが、次の試合では、勝てる可能性のあった試合なのに、肝心のところで集中力を欠いて、ぎりぎりの時間に逆転を食らってしまう。何か、全員が一丸になり切れず、ちぐはぐな感じがつきまとう。

多分、ラグビーは、多国籍混成チームなのも、いい意味で一丸になるのに影響しているのだろう。日本人のみだと、状況によって、弱点が共鳴し合って、膨らんで現れてしまう気がするのだ。もっとも、そもそも、ラグビーというスポーツ自体が、スクラム、ラック、モールなど、一丸にならずして戦えないような代物だということもある。

準々決勝では、南アフリカに、明らかな力負けを喫してしまったが、前半は、十分可能性をもたせるだけの検討をしていた。

そのときは、これは、日本がもろさを見せたのか、南アフリカが本当に強いのかと、少し迷ったが、決勝を見れば、南アフリカが本当に完膚なまでに強かったのであることが分かる。特に、デフェンス力が強くて、早く、鋭く、力強い。これでは、ちょっとやちょっとでは、とてもトライが奪えない。

南アフリカも、もちろん一つの国だが、ある意味で、「混成」的なチームであるのが、一丸になるのに、いい意味で、影響していたのかもしれない。

何しろ、なんぞのスポーツと日本代表が、情けないと感じてられてしまうほど、今回のラグビーと日本代表の戦いには、凄いものを感じさせられた。

posted by ティエム at 23:03| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月06日

ランニングシューズの買い替え

前のランニンクシューズが古くなったので、新しいのに買い替えた。アップしたのは3年前だったが、確か、前アップしたときには、既に買ってから、1年位はたっていたはずだ。

今度のもミズノので、イージーランLXというもの(写真)。

DSC007.JPG


サイズは27p。いくつかの候補から選んだわけではなく、靴屋でアウトレットで安く売っていて、デザインも気に入ったし、履いた感じも良かったので、買うことになった。

前のに比べると、グレードは少し落ちる。軽さも前ほどではないし、クッションもミズノウェーブではない。でも、私は、本格的なランニングではなく、ウォーキング中心で、最後のちょっとだけ走る感じなので、これで十分なのだ。一度使用したが、しっくりいった。

ワイズがワイドではないので心配だったが、ちょっと大きめの作りなのか(アッパーがメッシュで柔らかいのもあって)、きつい感じは全然ない。軽過ぎないのが、ウォーキングには、かえってよい。

ところで、アルディメオラのギターメドレー、ときどきの練習になってるけれども、なんとかメドはたちそうになった。前よりヘタになっている気もするが、多分前弾いていたのより、難しい曲ということなのだろう。

全部できたら、アップする予定です。

posted by ティエム at 13:37| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月02日

再び つなぎ的ないろいろ

ギター・キーボード演奏について

このところ、ギター演奏は、やれたり、やれなかったりで、なかなか前に進まないので、ちょっとまだ、アップできる目処は立ちません。ただ、前に話していたように、ギター演奏「アル・ディメオラのメドレー」、キーボード演奏「クラシックの曲」(多分ショバンの曲)は、最後の演奏曲にしたいと思っているので、ぜひアップできるようにしたいと思います。

アジアカップ、サッカー日本代表について

イラン戦では、アグレッシヴに行って、いい試合をできたのに、カタール戦ではそれができず、あえなく敗戦。後半は、いいところが出ていたが、2点差を跳ね返すことはできなかった。カタールは強かったし、守護も堅かった。

前半は、前から、続いている、「受けに回ってしまったときの弱さ」がまた出てしまったという感じた。私もそうだが、選手たちも、準決勝のカタールのUAE戦を見て、かなり強いというイメージをもったはずだ。それが、決勝ということもあって、慎重になり、「受け」に回らせることに働いてしまったようだ。

南野、堂安、(今回出られなかったが)中嶋は、連動すれば、互いのいいところを限りなく伸ばせそうな、楽しみの要素が多くあるので、期待も大きいが、この弱点を克服しない限り、大きな飛躍は難しいかもしれない。

ベストプレイヤー賞を贈るとしたら

「ベストプレイヤー」と言っても、サッカーの話ではありません。南野の一瞬の瞬発力と決定力は、かなりいいけど、「ベストプレイヤー」というほどの活躍をしたわけでもないでしょう。

今までに、何度か紹介している、ユーチューブのギター演奏動画について、「もしベストプレイヤー賞を贈るとしたら」という話です。

私は、文句なしに、この曲に贈りたいです。

【妖精帝國】 「ancient moonlit battleground」( 演奏 BabySaster ) https://www.youtube.com/watch?v=SW4d4Z2MR18

インストゥルメンタルの曲で、皇女のゆい様には申し訳ないですが(笑)、曲そのもののよさも大きな要素です。かなりテクニカルな曲であると同時に、じっくりと聴かせる曲でもあります。演奏は、テクニックの面でも、聴かせるという面でも、それを見事に表現していると思います。

私は前に、『「小フーガ ト短調」のキーボード演奏』 (http://tiem.seesaa.net/article/430552934.html )の記事で紹介して以来、相当聴いていますが、いまだに飽きないです。

もう一つ、この人のインパクトある演奏動画を紹介しておきます。

【METALLICA】 -「Master of Puppets」 (https://www.youtube.com/watch?v=KGHWXfVZCKY )

posted by ティエム at 17:52| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月02日

妖精帝国の詩から 2

「妖精帝国の詩から」の第2弾になります。
今回は、『Schwarzer Sarg』 (https://www.youtube.com/watch?v=Vv94is3BZ3I )という曲の詩から。

曲もいいけど、やはり詩が気をひきますね。
恋してどうしたとか、そこらにある詩とは無縁の、凄まじく「暗い」、しかし、「この世に生を受けし者」の率直な真実を誤魔化しなく詠んだ、凄みのある詩といえます。

ヘタな解説は無用ですが、少しばかりコメントしておきます。

浅ましく(痛ましく)この世に生を受けしもの

涙が溢れるのは
私の為じゃなくて
怖くて怯えてるの
召される原初の声に

何故独りで虚無に還り逝く
刻む言葉も無いまま
生まれ落ちたその引き金から
ヒトは終焉りをめざして逝く

「原初の声」、「虚無」が出てくるけど、これだけ読むと、単に、人の個別的な「生」と「死」を謳っているようでもあります。

しかし、次の詩で、単にそういうことではないらしいことが分かります、

狂おしく(忌まわしく)この世に生を受けしモノ

何故その瞳に映る事の無い
寂滅を恐れるのか
生きるモノに終焉りなんて無く
尽きたモノに死など無いのに

さらに、後に、

私を連れて逝くの
未だ見ぬ輪廻の刻に

とあります。これは、結局、「個別的な生と死」などではなく、原初の「虚無」から「輪廻の生」へと生まれ落ちた者の、「生」と「帰還」という、壮大な「事実」について詠っていることが分かります。

そこには、妖精の視点からこそのものもあるのでしょうかね。

posted by ティエム at 23:46| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月03日

本当に強くなる機会は逃した


今回のベルギー戦敗退については、敗因について言い出せばいろいろあるが、ベルギーの方が底力があったのは、間違いない。しかし、「勝てた」という思いは残るし、この試合勝っていれば、日本は本当に強くなって、世界の強豪と肩を並べるといえる位置まで行っていたと思う。これまでの多くの「壁」や「試練」を、一気に、爆発的に、超える機会になっていたということだ

だから、残念でならないが、冷静に考えれば、まだ足りないところが多いのも明らかだ。この大会、全体として、勝ったのは、10人になったコロンビア戦だけだというのも、勝つしかない決勝トーナメントにおいては、勝ち目が少な過ぎた。ここ一番というときの、強豪相手の「勝ち方」は、まだまだ「知らない」のだ。そして、負けている強豪が、本気で点を取りに来るのは、本当に「怖い」のだ。それを乗り越えるというのは、どういうことなのか、実際、それを乗り越えるという「経験」によって、身につけるしかないような気もする。

その「経験」ができるのは、まだ先のことになってしまったということだ。

もちろん、現実的に、何が「足りない」のか、分析は必要だし、「戦術」としても、問題がなかったか、検討は必要で、今後の戦いに、それは生かしていかなくてはならない。だが、今回は、こういうことを特に感じたので、あえてそれを述べてみた。

posted by ティエム at 17:55| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする