2022年03月24日

でき得る最善の勝利

日本代表は、オ―ストラリアとのアウェー戦、めでたく2-0で勝利し、ワールドカップ本戦出場を決めてくれた。今の日本代表にでき得る最善の戦いをしてくれたと思う。

前半、思った以上にアグレッシブに行って(監督も、前半「いけたら、いけ」という指示だったと思う)、カウンターを受けて危ない場面もあったが、前半このような戦い方をして、有利に進めて脅威を与えることができたからこそ、後半の戦いができたのだと思う。

岡田監督も言っていたように、もっと危なげない現実的な戦いもできただろうが、今の日本代表にこれを求めても難しいし、初めからそれをしようとしていたら、逆にやられていた可能性がある。後半は、切り替えて、しっかりとそれに近い戦いができていたと思う。

終了間際までそれができていたから、最後の2得点も生まれたのだ。三苫の2点目もすごかったが、1点目の連携は見事で、その時点で、ある程度余裕ができていたからこそ生まれたものと思う。

私も、三苫は鍵になる選手と思っていて、先発に推した久保が機能しなかったら、久保に代えて、そのまま左に、伊東が封じられたら、右に久保を回し、伊東に代えて左に三苫を入れるつもりだった(監督かっ!)。その方がより可能性があったと思っているが、浅野は前線からの守備とこれまでの代表でのまわりとのフィット感が評価されたのだろう。

いずれにしても、ワールドカップ本戦に行けてよかった。

私は、前回の記事で、「勝ちにこだわらない戦い方」について述べたが、それはあくまで将来に向かっての提案であって、今は私も勝ちにこだわらないのはとても無理。

手前勝手(日本勝手?)かもしれないが、日本がワールドカップでベスト4を達成するところはぜひ見たいし、めでたくそれができたなら、その後は、前回述べたような戦い方に切り替えてもいいかな、などと思っている。

であれば、最速の今回のワールドカップ本戦で、ぜひベスト4を達成してほしいものだ。

今回欠けていた有力な選手たちが復調し(特に古橋が真に決定的なフォワードとして)、久保も大きく成長して中心選手になれば、これからの準備次第では、十分あり得ることと思っている。

ぜひ期待したい。


posted by ティエム at 23:36| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月21日

アグレッシブに行くことをスタイルにしてしまう行き方

本日二つ目の記事になります。

日本代表の戦い方として、もう一つの行き方を述べる。

それは、常にアグレッシブに行くことを日本のスタイルにしてしまい、余計なことは考えないで、その方向でのよさをどんどん伸ばしていくこと。ただし、それがうまくいかないときは、負けてしまうリスクも高くなるのは受け入れるしかない

結果として、あまり「勝ちにこだわる」サッカーではなくなる。見ていて、楽しく、わくわくするサッカーである。ただし、結果として負けてしまっても、やり方を貫いたのだから、仕方がないと思うことができなければならない。それで文句を言っていたら、この戦い方は通せない。

また、この戦い方では、ワールドカップでも、優勝はもちろんベスト4も望めないだろうし、ワールドカップの本戦出場すら、逃す可能性も高まる。結果として、それが受け入れられるかどうかは、多くの日本のファンにかかっている。

これまでの戦いぶりから言っても、あるいは世界の中での日本のフィジカルの足りなさを考慮しても、日本がこの戦い方をすることは、決して非現実的な選択ではないと思う。

ブラジルや南米、欧州の強豪国には許されない戦い方だろうが、日本なら、許される可能性がある。これは、一つのチャレンジとなる。今の体制や監督では無理だろうが、改めてこれが日本の戦い方として、ふさわしいかもしれないことを、関係者で考えて行ってほしい。

さらに言えば、この戦い方は、将来的には、スポーツの意義自体を変えてしまう可能性がある。「勝つ」ことではなく、楽しむことが、スポーツの意義となり、必要以上に勝つことにこだわったり、国の代表というプレッシャーも外していくことになる。もちろん、楽しむべき大会としては、ワールドカップやオリンピックは残してもいい。

先の記事を投稿した後、改めて、私の本当の望みは、こっちの方にあることを改めて感じるので、あえて述べてみた。
posted by ティエム at 15:18| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オーストラリア戦は、しっかり引き分けて勝ち点1を

日本代表の今度のオーストラリア戦は、勝てばワールドカップ出場が決まる、重要な試合だ。しかし、私は、しっかり引き分けて勝ち点1をとり、次の最終戦でまず間違いなく出場を決められるという位置に持って行ってほしい。もちろん、勝って悪いわけではないが、長い目で見て、そのような意図したとおりの堅実な戦いのできることが、日本の成長をもたらすと思うからだ。

これまでの最終予選での日本の闘いぶりは、まさに記事『結局アグレッシブに行かなければ勝てない日本』で述べたとおりのことになっている。初戦オマーン戦と第三戦サウジ戦は、アグレッシブに行けずに流れをつかめず、負けを喫した(第二戦の中国戦は、中国が思い切り引いて来たので助かった)が、その後追い込まれたために、アグレッシブに行くしかなくなって、勝てるようになったのだ。

ところが、次のオーストラリア戦は、「勝てば出場が決まる」で、それなりのモチベーションは持てるが、「勝たなければならない」ではない。アウェーでもあって、実際オーストラリアは、これまでのような強さはないにしても、勝つのは容易ではない。むしろ、「勝たなければ出場が望めない」という追い込まれた立場にいるのはオーストラリアの方で、強烈にアグレッシブに来るだろう。だから、それを抑え込んで、引き分けに持ち込むのも簡単なことではない。

それで、森保監督は、口では何と言おうと、引き分けで可と思ってるし、慎重で守備的な戦いをさせるつもりでいるだろう。ところが、それは、これまでの戦いを見ても分かるとおり、あだになりかねない。第一戦や三戦のような負け方を喫する可能性が高まるのだ。

本当は、スタメンから久保を使い(前の3人は、右伊東、左久保、真中南野)四戦以降と同じように、アグレッシブに行けと指示してその流れで戦った方が、勝つ見込みが高いと思う。

しかし、今回は、試合としては面白くないかもしれないが、それでも、狙いどおり確実に引き分けて、勝ち点1をとってほしい。それが、ワールドカップ本戦でも必要な戦い方を身に着けることになるし、本当に強くなる成長につながると思う。

posted by ティエム at 12:50| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月05日

いろんなところでリフティング20回動画

普通に足で20回では面白くないので、足のインステップ、インサイド、アウトサイド、もも、胸などいろんなところを使ってのリフティング20回動画をアップします。



と言っても、ほぼ足ばかりになってしまいました。本当は、もっとももとか胸、肩などを多く使いたかったのですが、それだと20回行かないので、とりあえずこんなところです。体にひきつけたコントロールが必要で、バランスも崩しやすいので、やはり普通に足で20回より難しいです。

普通に足で20回なら、何度かやればできるというところです。最高回数は、39回です。

自然に回数をこなせば、できるようになると踏んでいたのですが、思った以上に、10回から20回は、大変でした。

要は、10回できる=10回しかできないというのは、ボールを真上近くに上げることが連続でできないということなのです。変にコントロールしようとしなくとも、ボールを真上近くに上げることができれば、次に右足を使うか左足を使うかはありますが、まず連続でできるのです。だから、10回しかできないというのは、正確性に大きく欠けるということですが、20回となると、それがかなり向上するということです。そして、そのギャップは、思った以上のものでした。

ただ、20回(ただし、安定して)というのは、分水嶺になりそうな気がします。20回できるようになれば、その方向でどんどん伸びていくだろうし、やっていて、とても楽しくなるということです。まだ、安定していないので、すぐはそう行かないですが、今後はそんな予感がしています。

この先、冬の間はほとんどできないのですが、春先以降には、もっとしっかりした動画をあげれると思います。できれば、ボールまたぎリフティングなんかにも挑戦してみたいです。

なお、おまけとして……帽子をかぶってるにも拘らず、頭を使おうとして、案の定失敗してしまう動画。



posted by ティエム at 22:37| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月26日

折り畳み式の電子ピアノ購入

ギターやキーボードは長らく弾いてなかったが、最近、折り畳み式の電子ピアノを購入した。

TAHORNGというメーカーのORIPIA88というものである。ちゃんとした電子ピアノが欲しかったが、置く場所がないので、これになった。

全体は写真のとおりで、一応ピアノと同じ88鍵盤を備えている。

DSC00897 (2).JPG


折り畳むとこんなに小さくなって、置き場所に困らない。

DSC00899 (2).JPG


ただし、予期しなかったことは、折り畳みの構造上、黒鍵が小さくて、低いこと。かなりの違和感があり、黒鍵を弾いている感覚が乏しく、まわりの鍵盤に触れて音を出してしまいやすい。慣れれば、ある程度気にならないが、ちょっと誤算だった。音は、カシオのキーボードよりピアノに近くて、なかなかよいし、ピアノのペダルに代わる足踏み式の道具もついている。まあまあ満足できる代物だが、置き場所のある人は、ちゃんとした電子ピアノを買うことを勧める。

音は、こんな感じ。演奏は、適当なアドリブから「エリーゼのために」(ベートーヴェン)の出だし部分。



録音は、ローランド DUO-CAPTURE mk2+Audacityで簡単にできる。

いつになるか分からないが、また何かクラシックを弾いてアップしようかと思う。
posted by ティエム at 23:53| Comment(0) | キーボード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月07日

結局アグレッシブに行かなければ勝てない日本

久しぶりの更新になります。

東京五輪U24サッカー日本代表は、予選リーグで3戦全勝して決勝トーナメントに進出したが、ニュージーランド戦は0-0のPK勝ちでかろうじて準決勝に進出し、スペイン戦で粘り強い戦いはしたものの、勝てる感じはないまま、延長終了5分前に(出てきたときに嫌な予感のしていた)アセンシオに見事なシュートを決められて、敗戦。メダルのかかった3位決定戦でも、予選リーグで2-1で勝ったメキシコに、逆にアグレッシブに戦われて、3-1で完敗。結局、4位で終わった。

フル代表ではないが、この戦い方と結果が、今の日本の位置を正確に現わしていると感じる。

もちろん、オーバーエイジの守備的な3人の活躍もあり、全体として明らかに強くなったし、かつてのように慌てふためくことなく、安定した戦いぶりができるようにはなった。スペイン戦も、あこそまで戦えるようになったという思いは確かにある。全体としての力は確実についている。

しかし、トータルでみると、日本の問題は歴然としていると思う。個々の試合での敗戦には、もちろんその具体的な場面(特に失点場面)での、個々的な問題があっただろうが、全体としてみると、アグレッシブに行けていた予選トーナメントでは、力を発揮して勝利できていたが、メダル獲得を意識し、負けないことを重視した決勝トーナメントでは、自分らのペースをつかめず、力を十分には発揮できずに、負けてしまったということだ。

その意味では、ニュージーランド戦がそれを象徴していて、PKで勝ったものの、後の戦いにつながるものはなく、それまでの勢いもそいでしまうことになった。

ブラジルなどの戦いを見ても、1-0で勝ったり、PKで勝ったりしているが、それは日本の場合とは明らかに意味が違う。1-0やPKでも、結果的に勝てるという確信と経験値を確実に持ってのことだし、その気になれば、アグレッシブに行って、一方的に勝てるだけのものを秘めたうえで勝っているのだ。

ところが、日本の場合は、アグレッシブに行くことを抑えてかかると、そこそこの対等の戦いはできたとしても、勝てるだけのものはないと言わざるを得ないのだ。

それが、真の強国との差と言ってしまえば、それまでだが、そこには、やはり何か、大きく足りないものがあるという気がする。あるいは、現時点では、それは受け入れてかかるなら、日本が勝ち続けるためには、あまり戦術的な戦いに拘らずに、チャレンジャー精神で、常にアグレッシブに行くことを心がけるしかないのではないか。

私は、今回、メキシコに勝って、宣言通りメダルを獲得できたなら、Wカップでもベスト8を狙える位置に確実についたと言えると思っていた。しかし、この結果は、やはり、まだそこまでは行っていないし、そこまで行くには、まだ足りないものがあることを痛感せざるを得ない。

そこには、チーム力全体として、攻撃力も守備力も高くなってきたが、試合を決める決定的なストライカーがいないという問題も大きく立ちふさがっている。そして、たとえそれがカバーできたとしても、やはり、戦術的に戦って勝ち続けるだけのものは、とても望めず、ベスト8以上を狙うなら、アグレッシブに行って勢いで勝ち続けるしかないというのが、日本の現状ということになってしまうのだと思う。

まあ、そのような戦い方の方が見ていて面白いし、結果としてそれでベスト8以上が達成できたなら、その次からは、ある程度戦術的な戦い方で勝てるだけのものも身についてくるのではないかとは思う。
posted by ティエム at 00:19| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月06日

「人間椅子」

昔、『いか天』という素人のバンドの勝ち抜き番組があって、生きのいい個性的なバンドが多く、面白くて、よく見ていた。「たま」同様、「人間椅子」というのも、そこから出て来たバンドだ。

当時、そのインパクトから、よく覚えていたが、「人間椅子」は、いいおじさんになった現在も、活発に活動しているのですね。最近知って、ちょっと驚きがあった。

今も昔の路線を貫きつつ、より洗練されたものになっている。

ユーチューブにある楽曲で言うと、たとえば、これなど。
無情のスキャット』( https://www.youtube.com/watch?v=CbI79e5iZKs

まさに、おじさんの哀愁漂う、しかし、重厚でヘヴィな「シャバダバダ」(笑)。

昔、『いか天』に出ていた頃は、こんな感じだった。( https://www.youtube.com/watch?v=EIKKNtGT9sE

ベースの鈴木氏の顔も、より説得力?が増して来ましたね。

私的には、こんな曲も、いい。
虚無の声』 ( https://www.youtube.com/watch?v=tYs_-BWwMkI

詩も面白く、「色即是空」等の般若心経の言葉が、よく効いている。

「虚無」または「空」で、「世界は幻」なのに、なぜ「終わる」のか、疑問に思う人もいるかもしれない。しかし、「虚無」または「空」を知るときというのは、我々が世界だと思っている世界は、まさに「終わる」のですね。

話は違いますが、「人間椅子」と言えば、私は、小学6年のとき、少年用に出ていた、江戸川乱歩の名探偵明智小五郎と少年探偵団のシリーズが好きで、よく読んでいた。が、中学に入って、初めて、大人向けの推理小説、『屋根裏の散歩者』とか『人間椅子』などの、かなり猟奇的な作品も読んでみて、そのギャップに驚いたことがある。知ってはいけない世界を覗いてしまったような…。

まあ、「怪人二十面相」というところに、そのような要素は、含まれていたといえば、言えますが。

posted by ティエム at 23:34| Comment(0) | 各種音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月20日

リフティング10回動画

2カ月前ほどから、運動のウォーキング&ジョギングに、サッカーのリフティングを取り入れることにした。ウォーキング&ジョギングだけでは飽きやすいのと、こんなビデオを見たのがきっかけである。

「初心者がすぐに10回できる6段階のリフティングトレーニング」
(https://www.youtube.com/watch?v=09iwZKgdGgc)

私は、今はサッカーが好きだが、子どもの頃から、クラブなどで本格的にサッカーをやったことがない。子どもの頃は、野球が好きだったから、野球かソフトばっかりやっていた。ただ、サッカーでも、小学校のとき、ディフェンダーとして学校の代表に選ばれたため、一定期間練習をしたことはある。うまくはなかったが、キック力だけには自信があった。

その後も、遊びか体育の授業でやるくらいだったし、割と最近も、甥相手に結構サッカーをして遊んだが、基本ただの蹴り合いである。初めは、甥にもうまいと思われていたようだが、甥は中学に入るとサッカー部に入り、あっという間に、私など抜かしてしまった。今は、結婚して子供もできたので、サッカーをすることもなくなった。

私は、実は、リフティングは邪道というか、あまりサッカーの実質に関係ない、うまい必要などないと思っていて、ほとんどやったことがないし、やろうとも思わなかった。たまにやっても、うまくいって7、8回、基本どこに行くか分からないという状態だった。だから、まったくの初心者と言っていい。ただ、この度ビデオを見て、運動にもなることだし、10回くらいはできないとと思い、やってみることにした。

ビデオでは、1週間くらいでできるようになると言っていたが、毎日何時間くらいやったらの話なのか、私は、週に1回か2回、1回30分くらいというペースだったが、まあ、何とかできるというようになったのは、1カ月ちょっとかかっている。今は、左足は安定しないので、なかなか大変だが、右足なら何回かやれば、10回はできる、というぐらいにはなっている。

この度、動画を撮ったので、それをアップします。

まず、右足だけ10回。



次に、右足と左足で10回。


どちらも危なっかしい(笑)ですが、今後は、もっと安定して、余裕をもってできるようになりたいですね。

10回を安定してできるようになることを最優先していたので、連続回数だと20回ほどです。今後は、回数も増やしていこうと思います。

やってみて思うのは、リフティングは、やはりボール扱いの基本であり、重要だったということ。リフティングの上達によって、トラップや微妙なボールタッチにおいても、全然違ってくると思う。

ビデオでも言っていたように、初めは、回数ではなく、ボールを真上に上げられるようになることに集中する。ビデオどおりにやっていたわけではないけど、真上に上げられるようにならないと話にならないことに気づいて、一回一回蹴っては手に取ることは、ウォーミングアップとして必ずやるようにしていた。

あと、注意すべきは、意外と足のつま先の方にボールを当てるし、意識もつま先の方に持って行くようにするということ。初めは、足の甲全体に乗せるような意識になってしまうが、それではボールは弾みすぎるし、コントロールもききにくい。(※)

まあ、初心者の人、あるいは、私と同じぐらいの年の人は、運動不足解消のためにも、ぜひトライしてみてください(恥ずかしいなどと思わないで)。

また、回数が増えたり、何か技を入れるなど、変化がついたら、リフティングの動画をアップするかもしれません。

※ リフティングで足にボールを当てる場所について、この記事はよく分かり易く書かれています。(https://juniorsoccer.info/balllift-dekiruyouninaru/ )

足の甲でリフティングするインステップリフティングは、やはり基本として、それなりにマスターする必要があるようです。私も、初めそれでやっていましたが、コントロールしにくいので、よりコントロールし易い、つま先寄りになっていました。それはそれで、いいようですが、今後インステップはインステッブで身につけたいと思います。
posted by ティエム at 23:38| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月09日

ベートーベン 『月光』第1楽章のキーボード演奏

ベートーベン ピアノソナタ 『月光』 第1楽章のキーボード演奏曲をアップします。



この曲は、とても印象に残る曲で、いずれ弾きたいとは思っていましたが、短調なだけでなく、単調かな(笑)というのもあって、今まで弾いてなかったものです。

ただ、今回、何度か聴いたり、自分で弾いているうちに、一つ一つのフレーズが、実は、とても奥行きの深いものであることに気づきましたかされました。

演奏は、比較的簡単かなと思っていましたが、これも実際は、右手で、三連符のアルペジオを弾きつつ、小指で旋律をとるというパターンが多く、意外と大変でした。(たとえば、下の写真の部分)

DSC00848.JPG


また、三連符のリズムとか間の取り方など、結構乱れてしまうというのも難しいところです。

途中多少ミスもあるのですが、まあこんなところということで、アップします。

クラシックは、もう一曲弾きたいものがあるので、できたらまたアップしたいと思います。
posted by ティエム at 02:12| Comment(0) | キーボード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月03日

お笑いネタ 「さくらを見る会」

毎度しつこいようですが、時事に関わること?でもあるし、またまたお笑いネタを。

タカ&トシで、お題は、「さくらを見る会

トシ;「お前、昨日どこ行ってたんだよ。ずっと、いなかっただろう。」
タカ;「私、「さくらを見る会」に呼ばれてましてね。行ってたんですよ。」
トシ;「また、怪しい会持ち出したなあ。何だ? 「さくらを見る会」って。」
タカ;「もちろん、「色づいたさくらを囲んで愛でる会」てすよ。」
トシ;「今頃色づく桜って、あれか。「四季桜」か?」
タカ;「いや。「四季桜」ではないんですよ。なんせ、年がら年中色づいてますから。」
トシ;「どんな桜だよ。」
タカ;「「桜田さくら」ですよ。上から読んでも「さくらださくら」、下から読んでも「さくらださくら」。まごうかたなき「さくら」じゃないですか。」
トシ;「まごうかたなき、じゃねえわ。それ、AV女優じゃねえのか? 誰が主催してんだよ、そんな会。」
タカ;「ダチョウの上島ですよ。本人は、招待したのは認めてますけど、とりまとめたのは自分じゃない、って言ってますけどね。」
トシ;「首相答弁かっ。」
タカ;「でも、大丈夫ですよ。ちゃんと、会費5千円とってやってますから。国民の皆様の税金ではやってないですからね。」
トシ;「当たり前だろうが! 誰が、国民の税金でAV鑑賞会だよ。」
タカ;「AV、AVって言いますけどね。AVはあくまで、コミュニケーションを図るツールですから。コミュニケーションを図るのがメインなんですよ。」
トシ;「誰とコミュニケーション図ろうってんだよ。」
タカ;「上から読んでも「桜田さくら」、下から読んでも「桜田さくら」ですよ。」
トシ;「いや、何で、本人、生で呼んじゃってんだよ。会費5千円じゃ、効かねえだろうが。」
タカ;「だから、国民の皆様の税金には……。」
トシ;「それは、もういいわ。大体、「上から読んでも、下から読んでも」っていうのも、違ってるだろう。」
タカ;「(大げさに手をたたいて)あっ、そうでしたね。下から読んだら、「ラクダだラクダ」でした。これは、「ラクダを見る会」に変えないとですね。ハハハ。」
トシ;「何が、「ラクダを見る会」だよ。それも違ってるわ。」
タカ;「(客席の方に向かって)でも、私、今は「リスザルを見る会」に呼ばれて参加してますからね。」
トシ;「誰が、「リスザルを見る会」で披露されてるリスザルだよ。誰が、会費5千円でご招待だよ。」
タカ;「いや、上から見てもリスザル、下から見てもリスザル。「まごうかたなき」リスザルですよ。」
トシ;「もうええわ。」

(ちゃんと、タカ&トシがやってるところ、想像しながら読んでくださいね。じゃないと、おもしろくないと思うので…)
posted by ティエム at 21:54| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。